ここから本文です

店員が嘆くモンスター客。女子大生ウェイトレスを困らせる行為とは?

4/16(火) 16:00配信

週刊SPA!

「お客様は神様です」といった言葉がある。だがその言葉をはき違え、横柄な態度で店員に接する客もいる。

 そんなモンスター客に悩む店員たちに話を聞いた。

花屋にやってきては、花のうんちくを垂れる客

「うちの花屋のお客様で、毎日やってきては他のお客様に話しかける方がいるんです。話しかけるのはいいとして」とため息まじりの店員・鮎川保さん(仮名・35歳)。

 下町の商店街で10年ぐらい続いている花屋に、ある日、青い作業服を着た50代ぐらいの男性客がやってきた。最初のうちはおとなしく花を買ってくれるだけだったが、次第にうるさいことを言うようになった。

「花の葉っぱが良くないとか、何かと難癖をつけてくるんですよ。それなら買わなくてもいいと思ったものの、丁寧に説明していました。ところが次第に他の客に話しかけるようになったんです」

 作業服の男性は、なぜか花言葉に詳しく、黄色いバラを購入しようとした女性客に「黄色いバラの花言葉はジェラシーです。あなたのような方に似合いません」とうんちくを披露するだけでなく、営業妨害に及ぶようなことも言うのだ。

「それだけじゃないんです。他の客に『この花はあなたの部屋に合わないと思う』と客に持論を展開するんですよ。言われた客が、『大きなお世話だよ』と反発した時は慌てましたが、作業服の男が黙って店を出ていったので、ほっとしました。でも翌日またやってきては、他の客に話しかける。もう、完全に営業妨害ですよ」

 鮎川さんは作業服の男性に注意しようと思っているが、オーナーの奥さんが「きっと近所で工事作業しているんでしょう。それが終了すれば、もうやってこないわよ。あまり騒ぎ立てないようにしてね」とクギを刺してきており、注意ができないという。

「それでもほぼ毎日のように来る男。彼がやってくるのは、昼と17時以降の夕方。その時間帯に他の客ができたらやってこないよう、ただただ祈っています」

ファミレスでありえない注文をする男性グループ

「店が困るようなオーダーをする“荒くれ”若者グループがいるんです」と頭を抱える東京郊外のファミレスの店長・林田さん(仮名・40歳)。

 20代半ばぐらいの男性客が7~8人、週末にやってきて、無粋な注文を繰り返すのだそうだ。

「最初は明太子パスタを、明太子とパスタを別々でオーダーしてきたんです。女子大生のバイトが青くなって、『店長、メニューにないオーダーですけど、どうしましょう』と駆け込んできたんですよ。まあ出来なくもないから、茹でたパスタにオリーブオイルをかけて、別の皿に明太子を置いてセットで出しました。すると若者たちが大騒ぎして、運んだバイトウェイトレスをからかうんです」

 若者グループは、次第にエスカレートして、「カレーライスとライスカレーのどちらがうまいか」を探りたいと、ご飯の上にカレーをのせた普通のカレーライスと、カレールーの上にご飯を乗せたもの2種類を頼んだ。

「またコーヒーフロートとフロートコーヒーのどっちがうまいかという実験をやるから、普通のコーヒーフロートに、アイスを沈めたアイスコーヒーの2種類を頼んだんです。これはもう、悪ふざけの極みとしか言いようがない。でも、注意すると逆ギレしてきそうで。他のお客様にも迷惑がかかるから、言いなりになっていました」

 だがその内、他の客も若者グループの悪ふざけに不快な表情を浮かべるようになったという。

「これはまずいと思っていたある日、若者グループの1人が『最近あの可愛いウェイトレスの子、あんまり困った顔をしなくなったよね。俺たちの注文に慣れてきたのかな』と言っているのが聞こえたんです。悪ふざけの原因は、女子大生のバイトを困らせたかったと分かりました」

 林田さんは女子大生バイトのシフトを彼女と相談の上、変更した。女子大生はこれまで週末のみだったが、平日の夕方から午後8時までにして、若者グループと会わせないように対応。そして週末は男性の学生バイトを入れるようにしたという。

「おかげで若者グループは週末に来なくなりました。でも平日にやってくるように。ただ平日はお客も少なく比較的余裕がある。女子大生に注文をとらせず、私が行くようにしました」

 林田さんが注文を取るようになってから、普通のメニューを頼むようになったという彼ら。だがそれでもほぼ毎日来店してくる。また何か企みがあるのでは…と、店長の不安は尽きない。<取材・文/夏目かをる>

【夏目かをる】

コラムニスト、作家。2万人のワーキングウーマン取材をもとに恋愛&婚活&結婚をテーマに執筆。難病克服後に医療ライターとしても活動。ブログ「恋するブログ☆~恋、のような気分で♪」

日刊SPA!

最終更新:4/16(火) 21:31
週刊SPA!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい