ここから本文です

中居正広がTBS江藤愛アナに恋のアドバイス「手紙書きなよ」

4/17(水) 6:01配信

SmartFLASH

 4月上旬のある日の夜、聞き慣れたあのダミ声が、東京・赤坂の焼き肉店に響いた。酔いも手伝って、いつにもまして饒舌だ。店の半個室から漏れ響くその声の主は、中居正広(46)である。

「江藤はさぁ、理想が高いんじゃないの~?」

 この日、仕事終わりに中居を囲んだのは、『中居くん決めて!』で共演するTBS・江藤愛アナ(33)ら、仕事仲間4人だった。中居ファンにはお馴染みの「Kマネージャー」も同席するなど、気心の知れたメンバーで夕食会だ。

 この日、中居が回したトークのお題は、「恋バナ」。国民的司会者が、焼き肉を前に送るプライベートトークとは?

中居「まだ彼氏いないの?」

江藤「ずいぶんいないです。スキャンダルが出たこともなくて(笑)。どうやって恋愛していいかわからないんです」

中居「食事に行くことは?」

江藤「最近あったんですけど、メールとかが苦手で……」

中居「手紙を書けば? 俺はけっこう書くよ。この前、佐野が退社したから、手紙を書いた。山口にも書いたよ」

 江藤アナに彼氏がいないことにはホッとするが、驚いたのは中居の口から、ジャニーズ事務所を離れた男たちの名前が次々と出たことだった。

「佐野」とは、45歳までジャニーズJr.を続け、2018年末退社した佐野瑞樹。「山口」とはもちろん、元TOKIOの山口達也氏(47)だ。山口氏は2018年、女子高生への強制わいせつ容疑で書類送検され、ジャニーズを退社した。前代未聞のスキャンダルだったが、中居は同年代の盟友に自らの思いを伝えていた。

 騒動といえば中居も例外ではない。

中居「(稲垣)吾郎と大竹しのぶさんが今、舞台をやっている。大竹さんには花を出した。吾郎にもと思ったけど、わーわー言われちゃうといけないから、差し入れだけにしといた」

 今なお「SMAP」という名前を口にするだけで、よくも悪くも世間に騒がれる。昔の仲間に、エールのひとつも表立って送れない--。そんな愚痴を聞いたところで、トークはまた恋バナへ。

中居「出会いはないの?」

江藤「いっぱい素敵な方と、お仕事はするんですけど……」

中居「仕事では、いい人を装えるからね」

江藤「私のことを好きって言ってくれる人がいても、『本当かな』って思っちゃう。人の目が気になって、心が開けない」

中居「もっとポップに考えないと。人間不信なの?」

江藤「何年も前にそういうことが……。もう、ひとりでもいい」

中居「うん、ひとりはいいよ。SMAPが終わってから、家に一人でいるのが最高だなって。みんな、中居は仕事が好きだとか言うけど、ホントはひとりでいたいもん」

 などと言っているあいだに、お時間に。ご満悦な様子で店を後にした中居は、江藤アナらが手を振って見送るなか、Kマネージャーの運転する車に乗り込んだ。

 一方、「社内評価は常に四番打者」(TBS関係者)という江藤アナも、中居を見送ると、変わらぬ笑顔で帰路についた。

 車中から夕食会のメンバーに笑顔で手を振る中居と、元SMAPのこれから、そして江藤アナの新たな恋の行方に思いを馳せて、赤坂の夜は更けていった。


(週刊FLASH 2019年4月30日号)

最終更新:4/17(水) 8:57
SmartFLASH

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事