ここから本文です

西武・森友哉が挑む「捕手で首位打者」が至難である理由

4/17(水) 6:20配信

webスポルティーバ

 気の早い話だが、1965年の野村克也(南海)、1991年の古田敦也(ヤクルト)、2012年の阿部慎之助(巨人)以来となる、史上4人目の「捕手で首位打者」が今季誕生するかもしれない――。

【写真】デストラーデに2被弾を食らった岡林洋一

 西武の高卒6年目、森友哉が開幕から好調だ。4月15日時点で、いずれもリーグトップの打率.383、打点16を記録している。

 捕手で首位打者がどれほどの偉業かは、前例の少なさと、先達の名前を見ればわかるだろう。

「好調の要因? わからんっス。いずれ打てない時期が来ると思うので、そのためにコツコツとヒットを打つことが大事かなと思います」

 森がそう話したのは、今季1号3ランを含む5打数4安打と猛打を炸裂させた4月6日の日本ハム戦のあとだ。この時点で打率.483。さすがにそこからは落ちてきたが、14試合終了時点でリーグ2位の栗山巧(西武)に5分の差をつけている。

 森の類まれな打撃センスは、プロ入り1年目から絶賛されていた。

「『絶対打ちますよ』と一軍に推薦しました。育成がこちらの目標ではあるけど、育成を飛び越えて戦力になりますよ、という判断ですね」

 2014年7月、当時の潮崎哲也二軍監督はそう話した。将来の正捕手としてファームでじっくり育てる方針を覆すほど、森は二軍で打率.341と打ちまくっていた。一軍で左の代打が手薄だったことで初昇格すると、高卒新人として46年ぶりの3試合連続本塁打を放っている。

 森のような「打てる捕手」にとって、悩みの種になるのが、その優れた打撃力だ。捕手としてはまだ一軍レベルに達していないものの、高い打力を眠らせておくのは「宝の持ち腐れ」と首脳陣は考え、指名打者や外野へのコンバートで打席に多く立たせようとする。

 代表例が、現役なら近藤健介(日本ハム)、引退した選手では和田一浩(元西武など)や小笠原道大(元日本ハムなど)だ。いずれも入団時の捕手ではなく、バットマンとして名を馳せた。

 森も2015年には23試合、2016年には49試合、外野で起用されている。昨季終了後にFAで巨人に移籍した炭谷銀仁朗は球界屈指の守備力を誇り、高い壁として立ちはだかった。

 しかし昨年、森は実力で出場機会を奪い取り、西武の捕手陣で最多の136試合に出場した。

 ただし、打率.275――。打席数こそ大きく違うものの、2016年には.292、2017年には.339を残していた。

「数字としては、彼の思っているものではなかったかもしれないですね。防御率や盗塁阻止率ももっとできたはずですし、キャッチャーは苦しいなかでもマスクを被らないといけないですから」

 同じ左打者の秋山翔吾はそう話した。

1/3ページ

最終更新:4/17(水) 6:20
webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ
4月4日(木)発売

定価 本体1,800円+税

フィギュア特集『羽生結弦は超えていく』
■羽生結弦 世界選手権レポート
■羽生結弦 グランプリシリーズプレーバック
■宇野昌磨、髙橋大輔、紀平梨花、坂本花織ほか

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事