ここから本文です

さらなる速さを求めた日産GT-Rの2020年モデル発表! GT-RとフェアレディZの50周年を記念したレーシーすぎる限定車も

4/17(水) 10:32配信

WEB CARTOP

2020年モデルはGT-R NISMOのターボ技術を投入

 日産は2019年4月17日、今年6月に発売予定の「NISSAN GT-R」の2020年モデルを発表。あわせて今夏に正式発表の「NISSAN GT-R NISMO」の2020年モデルと、「NISSAN GT-R」および「フェアレディZ」の生誕50周年を記念した限定モデル「NISSAN GT-R 50th Anniversary」、「フェアレディZ 50th Anniversary」を公開した。

GT-R 2020モデルと限定車の写真全65枚!

 東京都・銀座のNISSAN CROSSINGでメディア向けに発表会が行われた。

 GT-Rは圧倒的な性能を誇る日産のスーパースポーツカーに与えられる名称。1969年にスカイライン2000 GT-Rとして初代が誕生し、以降2世代5代に渡って生産された。とくにグループAレースで勝つために作られたRB26型エンジンを搭載する第二世代のスカイラインGT-Rは、R32、R33、R34という型式で呼ばれ根強いファンを持つ。

 その後、R34型をもってGT-Rの名は一度姿を消すが、2007年にGT-Rからスカイラインの名が外れ、「NISSAN GT-R」という新たな車種として復活した。以降10年以上に渡り、改良を繰り返しながら販売されている。

 R35型となるこの「NISSAN GT-R」の開発テーマは「究極のドライビングプレジャーの追求」。これは第二世代のR32型登場時から一貫されるものだ。

 搭載される3.8リッターV6 24バルブツインターボエンジンは、匠の技により1台1台手組みされているが、今回発表された「NISSAN GT-R」の2020年モデルでは「NISSAN GT-R NISMO」に採用してきたレスポンス向上に貢献するターボ高効率化技術、「アブレダブルシール」を採用。これは吸収した空気の漏れを最小限にすることでレスポンスを向上させるといったもので、レース用ターボチャージャーにもよく使われる技術だ。

 また「NISSAN GT-R」には急な上り下りやカーブが連続するような道路状況でも快適で安全な走りを実現できるよう、自動的に適切なギヤチェンジを行う「アダプティブシフトコントロール(ASC)」を搭載するが、2020年モデルでは走行モードをもっともスポーティな「R」にした際のこの機能のシフトスケジュールがよりアグレッシブに設定された。

 これによりコーナー進入時のブレーキングでは積極的に低いギアを選択し、より鋭いコーナー進入と立ち上がり加速を実現。

 さらに、新たなサスペンションを採用することで、速さはもちろん、鋭い応答性と乗り心地を両立しているという。加えてブレーキもブースター特性のチューニングにより、初期の効きやコントロール性を向上させた。

 ボディカラーには新色のワンガンブルーを設定。またマフラーには青い焼け色が特徴的なチタン製のエキゾーストフィニッシャを採用し、よりスポーティな印象とした。

 グレードは「Pure edition」、「Black edition」、「Premium edition」の3つが用意される。

1/3ページ

最終更新:4/18(木) 13:38
WEB CARTOP

記事提供社からのご案内(外部サイト)

クルマの「知りたい」を完全網羅
新車試乗・最新技術・お役立ち情報 etc……
すべてがわかる自動車メディアの決定版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事