ここから本文です

『白衣の戦士!』中条あやみが語る、“お仕事ドラマ”への挑戦 「今しかできない等身大の役」

4/17(水) 6:02配信

リアルサウンド

 中条あやみと水川あさみがW主演を務めるドラマ『白衣の戦士!』(日本テレビ系)が放送中だ。

ナース服を披露した中条あやみ【写真】

 ナース(看護師)といえば、そのイメージは「白衣の天使」。しかし実際は、 病院は「命と戦う場所」であり、その仕事はとても大きな責任を伴う大変なもの。本作ではそんなナースたちにスポットを当てて、その奮闘ぶりを描く。元気で明るく情に厚い、失敗してもくじけない元ヤンの新米ナース・立花はるかを中条、そして、はるかの指導係であり、姉御肌の頼れるベテランナース・三原夏美を水川が演じる。

 中条にとって、今作は連続ドラマ初主演作。映画では、高校生役や学園もので主演の経験を積んできた中条にとって、「お仕事ドラマ」主演はどんな経験になったのか。話を聞いた。

■「誰かのために生きている女の子は素敵だしかっこいい」

ーー今回連続ドラマ初主演ですが、ドラマと映画では同じ主演でも違いは感じますか?

中条あやみ(以下、中条):日テレ系水曜日よる10時枠の主演というと、幅広い世代に名前の知られている、経験の多い女優さんが主演されているイメージがあったので、自分がやる日がくるとは正直思ってもいませんでした。映画はお金を払って劇場に来てくださるお客様のものですが、ドラマは全国のお茶の間のみなさんに見てもらうものなので、やっぱり意識は違いますね。たくさんの方が見てくださるのかなと思うと、緊張します。

ーー水曜ドラマは、人気のドラマ枠のひとつですもんね。

中条:なので、だいぶプレッシャーが……(笑)。でも、今はいったん置いておこうと、あまり考えないようにしています。

ーーその意味では、W主演の水川あさみさんには頼もしさを感じたり?

中条:そうですね。私はまだまだ経験も少ないし、今回ドラマ出演自体が久しぶりだったのですが、水川さんはこれまで様々な役もされてきているので、頼もしかったです。すごく明るく優しい方で、現場でもたくさんお話ができ、感謝の気持ちでいっぱいです。

ーーお二人とも関西出身ですが、現場の空気はどうですか?

中条:賑やかです。みんな、言いたいことを好きな時に言いますね(笑)。いい意味でゆるい人たちが集まっているのかもしれません。毎日楽しく過ごしています。登場するだけでビシッと空気の締まる女優さんもいると思うのですが、今の私はゆるさしかないので(笑)、そうならなきゃなという思いもあります。

ーー中条さん演じるはるかは元ヤンですが、演技の面で意識したところは?

中条:はるかちゃんは喜怒哀楽がはっきりしていて、感情がかなり表に出る女の子です。なので、表情のわかりやすさやテンポ感、表情の切り替えもすごく早い。コメディとして、感情の切り替えの早さがポイントになるキャラクターだと思います。私は普段マイペースな方なので、そこが難しいなと思いつつ、楽しみながらやらせていただいています。

ーー中条さんから見て、はるかはどういう女の子ですか?

中条:本当にからっとしていて、自分に対して悔しいという気持ちはあるけど、基本的には「誰かのためになりたい」という気持ちを持っている。ナースのお仕事にも憧れて就いたので、誰かのために生きている女の子は素敵だしかっこいいなと思います。

■「今は吸収するのが楽しい」

ーー『白衣の戦士!』はお仕事ドラマでもありますが、社会人役への挑戦はどうでしたか?

中条:これまで学生役が多かったので、今しかできない等身大の役をできたのは嬉しかったです。ちょうど、周りの友人たちが就職している年齢なので、働き始めて大変だという話もよく聞きます。私は学生時代からモデルの仕事などをやってきたのですが、卒業した時に「働く」ということを、一度ちゃんと考えたことがあって。社会人とは、お仕事とは何か、お給料をもらいプロとしてお仕事することについて、自分なりに考えました。ちょうど4月スタートで、水曜日という週の真ん中に放送される作品なので、新しいことが始まる時期に、明日からも頑張ろうとポジティブな気持ちになっていただけたら嬉しいです。

ーー中条さんがお仕事において大切していることやモットーは?

中条:先日、『another sky』(日本テレビ系)という番組のMCを卒業したばかりなのですが、その現場で学んだことはとても多かったです。毎回ゲストが来てくださってお話をするので、MCの役割は「楽しかったな」と思って帰ってもらうこと。もともと人と話すのがあまり得意ではないので(笑)、最初は自分に務まるのかと不安でした。でも、番組を通していろいろな人と出会うなかで、たくさんの言葉にふれて、学んだことがとても多かったです。

ーー先日の卒業の回(3月29日放送)を拝見して、中条さんにとって大切な経験だったことが伝わってきました。

中条:ありがとうございます。今田(耕司)さんは本当にいろんな情報に敏感で、私も知らないような若い子たちの流行りにも詳しいんです。番組には、俳優さんやタレントさんをはじめ、建築家、ミュージシャン、格闘家、アスリートと、本当に様々な方が来るのですが、いつも上手に話しをされていました。いろんなことに好奇心を持っているんですよね。しかもすごく面白い(笑)。初めてのMCが『another sky』で本当によかったです。

ーー仕事をしていて楽しい時は?

中条:今は吸収するのが楽しくて、自分がもやもやした時や何かが気になっている時に、穴が埋められた時にこの仕事をやっていてよかったと思います。共演者の方々やスタッフさんからいろんな話を聞くのが好きです。

若田悠希

最終更新:4/17(水) 6:02
リアルサウンド

記事提供社からのご案内(外部サイト)

リアルサウンド

株式会社blueprint

音楽と映画を対象とする総合カルチャーサイトです。各ジャンルのニュースから、第一線のライターによる作品レビュー、業界分析記事まで、多彩な記事をお届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事