ここから本文です

弱い自分を変えるコツ|小石ではなく岩になれ

4/17(水) 19:10配信

ライフハッカー[日本版]

中学生の我が子が同級生のいじめを目撃したら、毅然とした態度で、「そんなことをするのは良くないよ」と言える子であって欲しいと思いますよね。

【画像】弱い自分を変えるコツ|小石ではなく岩になれ

でも、中学生は、帰属願望と仲間からのプレッシャーを人生で一番強く感じる年ごろです。ライターのジェニファー・アンダーウッドさんの娘は、そういうストレスが原因で、近所の店でキャンディを万引きしてしまいました。

アンダーウッドさんはマインドセットと啓発のコーチの立場から、「状況は特に深刻ではありませんでしたが、境界線、人間としての誠実さ、個人の責任について、娘と話しあう絶好の機会になりました」とThe Washington Postに書いています。

まわりに流されない自分になるために

とは言え、話の仕方を工夫しないと、子どもは右から左に聞き流してしまうかもしれません。そこで、アンダーウッドさんは娘に川の中にある「大きな岩」になる方法を教えることにしました。

「川岸に立って、小さな小石を投げ込むところを想像してみてちょうだい。その小石は投げた場所にそのまま留まるかしら。それとも川の流れに乗って川下に流れていくのかしら。

川の中を歩いて小石があるところまで行ったら、あなたは足で小石の場所を変える? 小石を蹴り上げて動かす? 川と岩のどちらが強いと思う?」

娘は、ほとんどの子どもと同じように、「川」と答えました。

「小石に比べれば、川のほうが強いわね。でも、もう一度川を見てちょうだい。泥に埋もれながらも水から突き出ている大きな岩があるのが見える? 水はそういう岩を動かしている?」

「ううん。水は岩の周りを流れていくだけ。岩は全然動かないよ。だって岩は大き過ぎるから」

キャンディ万引き事件の数カ月後、中学校ではまた別の人間関係のドラマが発生したので、アンダーウッドさんはどんな影響やプレッシャーを前にしても泰然としているべきだということを、この比喩を使って娘に話しました。

川の流れを受けても大きな岩は微動だにしないのに対して、小石は仲間からのプレッシャーに負けて流されてしまいます。

1/2ページ

最終更新:4/17(水) 19:10
ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事