ここから本文です

ケンコバ、シンガポールのカジノで負け続け「いつもは100万…」

4/17(水) 11:01配信

SmartFLASH

 ケンドーコバヤシが、4月14日放送の『にけつッ!!』(日本テレビ系)で若手時代のエピソードを明かした。

 ケンコバはユウキロックとお笑いコンビ「松口VS小林」を組んでいたが、1995年に解散。同時期、同期の陣内智則も「アンリミテッド」というコンビを解散。

 その時期に2人で会い、陣内は「一人よりはコンビのほうがいいよな」と話しかけ、ケンコバとのコンビ結成を匂わせてきたという。だが、ケンコバはすでに別の相手と組むことが決まっており、その旨を伝えた。

 すると陣内は、はにかんで「よかったやんけ!」と応援してきたという。ケンコバはその陣内の言い方を「照れの極み」と表現。千原ジュニアは「ホンマこれ、恋愛みたい」とツッコんでいた。

 若手時代からギャンブル好きだったケンコバ。4月14日放送の『Midnight World Cafe TENGA 茶屋』(FM OSAKA)では、シンガポールのカジノを楽しんだことを告白。

 ケンコバは初日で28万円負けたが、2日目で6万円ほど挽回。結局「20万ちょっと負けたぐらい」と語った。だが「いつもは100万なくなるからね」と思いっきりスルこともあるという。

 そこまでハマっている理由を「だって、勝ったらすごいやん(笑)」と語るも、収支では勝ったことがないと明かしていた。

 2月3日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)では、ケンコバの実家に陣内が1週間居座るなど、プライベートでも仲がいい様子。

 陣内は松村未央アナと結婚して昨年第1子が生まれた。ケンコバも噂の彼女とゴールインできるのか注目だ。

最終更新:4/17(水) 12:26
SmartFLASH

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事