ここから本文です

【RIZIN】村田夏南子が緊急参戦「全力で闘いたい」=4月21日(日)「RIZIN.15」横浜

4/17(水) 17:07配信

ゴング格闘技

4月21日(日)、横浜アリーナにて開催される「RIZIN.15」に出場予定だった真珠・野沢オークレアが「足首靭帯損傷」により欠場。代わって村田夏南子(フリー)がサライ・オロスコ(メキシコ)と57kg契約で対戦することがRIZINより17日、発表された。

【写真】8月大会で村田は珍しいヴォンフルーチョークで一本勝ち

村田は2017年9月に55kg契約で奈部ゆかりに判定勝利後、2018年は5月に54kg契約で「TUFシーズン23」ベスト4のランチャーナ・グリーンに1Rアナコンダチョークで一本勝ち、8月に53kg契約で元UFCのアンジェラ・マガーナに2R ヴォンフルーチョークで一本勝ちと国際戦で連勝。

徐々に契約体重を落とし、12月には、米国『Invicta FC 33』のストロー級(-52.2kg)でシャロン・ジェイコブセンとの対戦が決定していたが負傷欠場していた。

米国から緊急参戦を決めた村田は主催者を通じて、「怪我で欠場となった真珠選手の代わりに急遽ですが、『RIZIN.15』でサライ・オロスコ選手と対戦することになりました。自分も怪我したり、試合直前で対戦相手が変更になったりした事も経験しているので二人の気持ちがよく分かります。みなさんにいい試合をみせられるよう全力で闘いたいと思います。ぜひ横浜アリーナまで観に来てください」とのコメントを発表している。

村田と対戦するオロスコはMMA4勝2敗。身長165cmと156cmの村田より9cm大きく、近年は121~124ポンド(54.8~56.7kg)で戦っており、今回の57kg契約体重は、村田にとって1階級上での試合となる。

2018年から3連勝中のオロスコは幼少よりメキシコ代表として水泳、体操で国際大会に出場した経験を持つフィジカルエリート。19歳で柔術とMMAに興味を持ち、21歳でメキシコ「CageFight Nights MMA League」でプロデビュー。大学時代にレスリングやボクシングも経験したことで、打撃中心の攻撃型なファイトスタイルになったという。

これまでの試合では、接近戦の打ち合いのみならず、懐の深いボクシングも可能なスタンドの構えから、強い腰で組み際を制しバックを奪う動きなども披露。スポーツトレーニングで修士号取得を目指すなど格闘IQも高いようで、クレバーな戦い方で接戦を制してきた。

米国からスクランブル出場の村田にとっては、2016年の年末に57.15kg契約で元UFCの中井りんと対戦し、唯一の黒星(リアネイキドチョーク)を喫して以来の「57kg契約」で、リーチもあるオロスコを相手にいかに戦うか。スタンド中心のオロスコは組みではケージレスリングが主体のため、RIZINのリングで村田はオロスコの打撃をさばき、しっかりテイクダウンして得意のトップから攻めたいところだ。

最終更新:4/17(水) 17:07
ゴング格闘技

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ゴング格闘技

ジャパンコンテンツマネジメント

ゴング格闘技
2019年5月23日発売

定価 本体1,111円+税

【特集】世界を揺らせ&平成格闘技を総括
■堀口恭司×朝倉未来スパーリング対談
■武尊×不可思が盟友対談
■誰も知らない那須川天心

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事