ここから本文です

日産がドル箱のコンパクト&ミニバン市場で巨人トヨタに勝てるワケ

4/17(水) 18:02配信

WEB CARTOP

一番の要因はe-POWERの追加だ

 日産自動車は2018年の年間販売台数において、日本自動車販売連合会の統計によると、日産ノートが13万6324台で乗用車ブランド通称名別順位の1位となった。また、ミニバンの日産セレナも9万9865台で、ミニバン部門での1位を獲得した。

ノートe-POWERにはスポーティ仕様のNISMOもラインアップ

 ことに日産ノートの場合、2018年の上期における販売台数首位は、かつて日産サニーで1位を獲って以来48年ぶりの大きな出来事となった。前年の2017年にも年間販売台数で、暦年および年度の両方で1位となっている。

 日産ノートも日産セレナも、このような好調な販売は、e-POWERと呼ばれるシリーズハイブリッド車を追加した効果が大きい。2016年にまず日産ノートに採用され、ノートe-POWERの累計台数はすでに20万台を超えている。日産セレナへも2018年からe-POWERが加わり、販売を後押しした。

 日産セレナには、交流発電機にモーター機能を加えたECOモーターと呼ぶマイルドハイブリッドシステムのS-HYBRIDを12年に車種追加しているが、日産の本格的なハイブリッド車は、2000年の日産ティーノハイブリッド以来といえる。ただその間に後輪駆動(FR)車には、10年の日産フーガに1モーター2クラッチ式ハイブリッドを設定している。

 多くの人々が購入する車種でのハイブリッド車は、そのように長い間の空白期間があったため、日産ノートと日産セレナのe-POWERは、日産ファンの消費者が待ちに待った車種の到来といえた。

消費者のニーズと合致した結果といえよう

 なおかつ、e-POWERは、電気自動車(EV)日産リーフのモーターなど電気技術を応用したシリーズ式であるため、e-Pedalと呼ばれアクセルのワンペダル操作による運転を可能にしている。発進・加速から、減速し停止するまで、アクセルペダルだけでの運転が可能になり、コツを呑み込めば、ブレーキへのペダル踏み替えなしで走ることができる。なおかつ停車時も、ブレーキペダルを踏まなくても大丈夫なほどだ。

 ワンペダルでの運転は、ペダル踏み替えの際に約1秒とされる空走時間をなくすことができ、ことに緊急時などでのペダル踏み間違いや、ブレーキペダルの踏みそこないなどに対し、アクセルペダルを戻した時点で回生ブレーキによる減速が開始されるので、最終的な衝突を低減させる可能性も備える。つまり低燃費という環境性能に加え、より安全に資するハイブリッド方式でもあるのだ。そほのか、ブレーキパッドの摩耗も抑え、整備費用の低減も実現できる。

 日産がいちはやくEVの量産をした成果がe-POWERの商品性を大いに高めている。同じハイブリッド車といえども他社と異なる商品力を、消費者は嗅ぎ取っているのだろう。

 一方、昨18年の暦年における国内販売台数で日産は軽自動車を含めても61万台強だ。かたやトヨタは156万台以上であり、2.5倍以上、上まわる。電動化商品の一層の拡充が、国内での日産の販売をさらに押し上げるのではないだろうか。

御堀直嗣

最終更新:4/17(水) 18:02
WEB CARTOP

記事提供社からのご案内(外部サイト)

クルマの「知りたい」を完全網羅
新車試乗・最新技術・お役立ち情報 etc……
すべてがわかる自動車メディアの決定版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事