ここから本文です

『ゲーム・オブ・スローンズ』最終章 ― キャストが魅せた最高なスタイル集

4/17(水) 22:20配信

エスクァイア

世界的に熱狂的な…いや、カルト的人気を博しているドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の最終章が、2019年4月14日より全世界で同時に放送がスタートしました。

【 写真 】TV史上もっとも記憶に残る…米国人が選ぶ美しき女性たち

『ゲーム・オブ・スローンズ』最終章を前に、ニューヨークでプレミアが開催されました。

 ドラマの中では決して観ることのできない、(現実の)キャストたちが着こなすモダンでシックなスタイリングを、ここでぜひともご覧ください。

【ブラン・スターク役】アイザック・ヘンプステッド=ライト

 ほんのりワイドなパンツがクラシカルなトレンドを漂わせるアイザック。こちらのツーピースはプラダのもの。

 すっかり、大人な着こなしもサマになる男になりました。ブラン…いやアイザックには、オーセンティックなスタイルがお似合いです。

【カール・ドロゴ役】ジェイソン・モモア

 ワイルドなイメージの強いモモアですが、ドロゴとして着こなす毛皮とはすっかりおさらばし、シャープな着こなしとなっています。

 ボトムス、シューズ、インナーと、ブラックのワントーンで抑えたシックなカジュアルコーデです。そこにサーモンピンクのスエードジャケットをはおることで、大人の遊び心をプラス。

 サーモンピンク(もも色)を選んだのは、狙いでしょうか…。

【ユーロン・グレイジョイ役】ピルー・アスベック

 ユーロン・グレイジョイを好きな人は、きっと誰もいないでしょう…。しかし、ピルー・アスベックの着こなしは、非常に好意的にとる人は多いはずです。

 ダブルブラストで、ブラックに統一された紳士にこそふさわしいスタイルです。

【ジェイミー・ラニスター役】ニコライ・コスター・ワルドー

 ジャカード織りが光るブラックスーツで、控えめながらも印象深いスタイルです。
 
 細身のタイをセレクトすることで、グッとモダンな印象に仕上がっています。

【タイウィン・ラニスター役】チャールズ・ダンス

 文字通り“キング”の登場です。

  チャールズほど、英国的に着こなすことができる紳士がほかにいるでしょう。ネイビーのスリーピースにゴールドがあしらわれたタイを合わせるとは…、これは彼にしかできない技と言えるでしょう。

【グレイ・ワーム隊長役】ジェイコブ・アンダーソン

 ポールスミスのスーツに身を包んだ、ジェイコブ・アンダーソン。

 R&Bシンガーと俳優…と、2つの顔を持つアンダーソンです。が、今回のプレミアでも、いつものカジュアルな印象とが違う一面の着こなしをみせてくれました。

【ジェンドリー・バラシオン役】ジョー・デンプシー

 定番ジャケパンスタイル ですが、モノクロで統一することで現代的にまとめています。

 ニットのタイもいまっぽい印象です。

【ジョン・スノウ役】キット・ハリントン

 やはり北の王こそ、全身黒のコーディネートがもっとも似合う王とい言えるでしょう。

 細身のシルエットで都会的な雰囲気を醸しつつ、エレガントな着こなしに仕上げています。

最終更新:4/17(水) 22:20
エスクァイア

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エスクァイア

ハースト婦人画報社

1933年にアメリカで誕生した
ハイエンド・ファッション雑誌です
ファッションやライフスタイルにとどまらず
アート、カルチャー情報などを届けます

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事