ここから本文です

浅野拓磨が陥ったビッグクラブ移籍の 落とし穴。現地報道も加熱する事態

4/17(水) 16:20配信

webスポルティーバ

 ここ2週間ほど、浅野拓磨(ハノーファー)が気の毒な状況に置かれているということが、ドイツでもセンセーショナルなニュースとして扱われている。レンタル元のアーセナルと、レンタル先で現在所属するハノーファーとの意向が合わず、試合に出ることができないというのだ。

【写真】ベンゲルのいないアーセナルはいま?

 ふだん、ブンデスリーガの日本人選手のニュースといえば、現地にいる日本人ジャーナリストばかりが興味を持つものだが、この件はアーセナルとハノーファーの契約の問題として、現地メディアも大きく取り上げている。

 同僚の原口元気によれば、浅野は、試合にこそ使ってもらえなくなったが、腐ることなくトレーニングに励んでいるそうだ。

「元気ですよ。ひとりでずっと2部練して、走っています(笑)。頑張っていますよ。(我々にその話題は)話しにくい? そんなことない。彼だって、これからがあるんだから」

 24歳の浅野には今後も長い選手生活がある。自分に落ち度のないことで、落ち込んでいるヒマなどないのは確かだ。

 時系列で振り返る。

 3月上旬の段階では、今季終了時点で、ハノーファーは浅野をアーセナルから買い取る方向だった。キッカー誌などによれば、ホルスト・ヘルトSD(スポーツディレクター、選手獲得などのチーム編成における責任者)が、その意向を示していた。

 当時、ハノーファーは17位と自動降格圏にいた。SDがチームの降格の可能性を考慮せずに来季の編成に関してコメントするわけがない。それは、「たとえ降格して、予算縮小を余儀なくされたとしても……」という前提での発言だった。

 3月下旬、日本代表戦の期間中に続報があった。マルティン・キント会長、つまりSDよりも上の人物が、浅野の買い取りを否定する意向を示したと地元紙が報じたのだ。

 浅野はレンタル先であるハノーファーで出場試合が一定数を超えると、買い取りの義務が生じる契約になっている。だが、会長は買い取るほどの魅力を浅野に感じていないというのだ。今季、あと2試合に出場してしまうと、買い取り義務が発生するから、あと1試合しか出られない。ちなみに買い取り金額は300万ユーロ(約3億7000万円)である――そんな報道を、キント会長は大筋で認めた。

 代表戦ウィークが終わった直後の3月31日、浅野はシャルケ戦に途中出場している。ハノーファーが買い取らないのであれば、ここで浅野の2018-19シーズンは終了してしまうことになる。チームは0-1でシャルケに敗れてリーグ戦6連敗。最下位に転落した。

1/2ページ

最終更新:4/17(水) 16:20
webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ
4月4日(木)発売

定価 本体1,800円+税

フィギュア特集『羽生結弦は超えていく』
■羽生結弦 世界選手権レポート
■羽生結弦 グランプリシリーズプレーバック
■宇野昌磨、髙橋大輔、紀平梨花、坂本花織ほか

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事