ここから本文です

日産の復活とレクサスの苦戦。スーパーGT開幕戦で見えた勢力図

4/17(水) 19:02配信

webスポルティーバ

 4月13日、14日、2019年のスーパーGTシリーズが岡山国際サーキットで開幕した。「平成最後のスーパーGT公式戦」と銘打たれた開幕戦には合計2万8000人もの観客が訪れたが、残念ながら決勝レースは大雨となってしまい、82周で行なわれる予定が30周で打ち切られた。

【写真】レッドブル・ホンダは本当に2番手か?

 その決勝レースでは、昨年チャンピオン・ナンバー1の RAYBRIG NSX-GT(山本尚貴/ジェンソン・バトン)が先行するも、ナンバー17 のKEIHIN NSX-GT(塚越広大/ベルトラン・バケット)に追突されてコースオフ。1号車はリタイアとなり、17号車は接触行為によってペナルティを受けて下位に沈んだ。

 開幕戦を制したのは、レース終盤まで安定した走りを見せたナンバー8 のARTA NSX-GT(野尻智紀/伊沢拓也)。中断によって規定周回数の75%をクリアできなかったため、獲得ポイントの半分となる10点が与えられた。

 決勝レースの概要だけを見れば、今年もホンダ勢が得意の岡山で速さを見せたことになる。だが、通常では考えられないほどの大雨のコンディションだったこともあり、この結果はあまり参考にならないと言っていいだろう。むしろ、前日の予選のほうがGT500クラスの今後を占ううえで、見逃せない内容だった。

 全15台から8台に絞られる予選Q1で際立つ速さを見せたのは、昨年まで苦戦を強いられていた日産勢。テストから好調を維持しているナンバー12・カルソニックIMPUL GT-Rのジェームス・ロシターが1分17秒103を記録すると、ナンバー23のMOTUL AUTECH GT-Rとナンバー24のリアライズコーポレーションADVAN GT-Rも好タイムをマークし、日産勢がトップ3を独占したのだ。

 Q2では「ホンダも負けじ」と1号車の山本尚貴が1分16秒950を叩き出すが、それをまたしても日産勢が上回る。とくに23号車のロニー・クインタレッリは、従来のコースレコードを1.5秒も上回る1分16秒602という驚異的なタイムをマーク。12号車の佐々木大樹もそれに続き、日産勢がフロントローを独占した。

 予選後、マシンを降りたクインタレッリは喜びを爆発させることもなく、好タイムを出せた理由を冷静にこう語った。

「レギュレーションで変更できる部分は限られているので、クルマの開発が大きく変わったわけではないです。ただ、空力面はよくなりました。昨年まではどのコースでもアンダーステアに悩まされていましたが、それも解消されました」

 日産勢が復活の兆しを見せたのとは対照的に、予選で下位に沈んでしまったのがレクサス勢だ。Q2に進出できたのは、2017年に年間チャンピオンに輝いたナンバー37 のKeePer TOM’S LC500(平川亮/ニック・キャシディ)のみ。Q1で6台中、なんと5台が9番手以下に終わってしまった。

1/2ページ

最終更新:4/17(水) 19:02
webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ
4月4日(木)発売

定価 本体1,800円+税

フィギュア特集『羽生結弦は超えていく』
■羽生結弦 世界選手権レポート
■羽生結弦 グランプリシリーズプレーバック
■宇野昌磨、髙橋大輔、紀平梨花、坂本花織ほか

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事