ここから本文です

インドネシア大統領選、本日投開票 現職ジョコ・ウィドド大統領が優勢

4/17(水) 21:17配信

ニューズウィーク日本版

世界第4位の人口、そして世界最大のイスラム教徒を擁し、ASEANの盟主といわる国インドネシア。この国の命運を決める選挙が行われた

インドネシアの次の5年間の舵取りを委ねる大統領を国民の直接選挙で選ぶ投票が4月17日、全国で一斉に投票され、即日開票が進んでいる。

[動画]アジア大会開会式でヒーローを演じたジョコ大統領

投票は同日午前7時から全国約81万カ所の投票所で一斉に始まり、午後1時には投票が締め切られた。現在、開票作業が行われているが選挙管理委員会の正式な開票結果発表には数日から1週間かかる見通しだ。

しかし複数の民間の調査機関などが開票の進捗状況に応じて次つぎと開票速報を公表、テレビ局が選挙特別番組で伝えている。その開票速報値によると同日午後6時(日本時間午後8時)時点で、現職のジョコ・ウィドド大統領が平均54%、対立候補のプラボウォ・スビアント氏が46%の得票となっており、ジョコ・ウィドド大統領が優勢な状況が続いている。

事前の予想でもジョコ・ウィドド大統領の優勢が伝えられたが、現職の強みを生かして票差でかなりリードする展開とみられていたが、現状では両候補の差は10%を切ったひと桁となっており、プラボウォ氏が予想以上に健闘したことが数字に表れている。

こうした状況を反映して午後5時前に支持者と報道陣の前に姿を現したプラボウォ氏は「全国で我々が勝利した投票所が多くあり、まだ最終結果はわからない。期待しよう」と呼びかけ、支持者の拍手と歓声に包まれた。

一方のジョコ・ウィドド大統領は午後5時にマスコミの前に姿を現した。副大統領候補のマアルフ・アミン氏や支持政党の党首らと一緒に「投票結果の速報値は見ての通りである」と勝利への喜びともとれる言葉を口にした。しかし同時に「選管の正式発表がでるまで待とうではないか」と呼びかけ、安易に勝利宣言をすることを回避した。

選挙戦は実績vs.生活関連公約

4月13日まで続いた激しい選挙戦では、ジョコ・ウィドド大統領が過去5年間の政権運営の実績を前面に出して政策の継続を強く訴えた。現政権は空港、港湾、鉄道、高速道路、橋梁などのインフラ整備で全土で人と物の移動の効率化を積極的に進めてきた。

一方で国是である「多様性の中の統一」や「寛容」を促進するための施策も打ち出してきた。しかしこれが世界最大のイスラム教徒人口であり、世界第4位の人口約2億6000万人の約88%を占めるイスラム教徒の中の強硬派、急進派から「イスラム教を軽視している」との批判を招く結果となり窮地に追い込まれたこともあった。

インドネシアの選挙はいかにイスラム教徒の票田を獲得するかが最大のカギとなることから、ジョコ・ウィドド大統領はペアを組む副大統領候補にイスラム教指導者で、イスラム教団体の長老でもあるマアルフ・アミン氏を75歳という高齢にも関わらずに選んだ。これはイスラム教重視を訴え、イスラム教徒の票を取り込む戦略にほかならず、伝統的なイスラム教組織やイスラム教政党の支持を固めることに成功した。

一方のプラボウォ氏は副大統領候補に49歳と若いビジネスマン出身のサンディアガ・ウノ前ジャカルタ特別州副知事を選び、女性票、ミレニアル世代、そしてイスラム急進派などの支持を得て選挙戦を戦ってきた。

プラボウォ氏は絶叫調の演説、元軍人らしく敬礼であいさつ。ときには白馬にまたがってのパフォーマンスと独自の選挙戦術で「強い指導者」の姿を有権者に印象付けた。

そして集会や大統領候補テレビ公開討論会などでたびたび言及したのが現政権の経済政策の失敗への批判と「生活関連物品の値下げ、電気料金の値下げ、農業従事者の所得増加」など国民生活に関連する経済的な公約の数々である。

こうした公約は実現の可能性より、生活難に直面する低所得者や1次産業従事者とっては魅力的なPRとなり、選挙戦後半ではじわじわと支持率を上げる結果となった。

■注目は投票率と得票差

選管の投票結果の正式発表はまだ先だが、複数の開票速報は前回選挙でもほぼ正式発表に近い数値を示したことから、このままジョコ・ウィドド大統領が大統領再選を決めることはほぼ確実な情勢となっている。

こうしたなか、過去に人権侵害事件への関与疑惑が払しょくされていないプラボウォ氏と、庶民派として誰にも好かれる人物ながら国家をけん引する指導者としての政治的手腕・リーダーシップは不十分との評価もあるジョコ・ウィドド大統領、という2人の候補者の選択に魅力を感じず、「棄権」する有権者の増加が事前に予想されており、投票率がどうなるかが注目されている。

さらに両候補の得票差が接近していた場合には、プラボウォ陣営から「選挙不正があったのではないか」との訴えや「再集計を求める」などの注文が付けられる可能性もあり、最終的な得票差がどの程度になるのかも関心を集めている。

大塚智彦

最終更新:4/17(水) 21:17
ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2019-7・23号
7/17発売

460円(税込)

【特集】日本人が知るべきMMT
アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事