ここから本文です

エマ・ワトソン、キュートな子役がインテリ女優になるまで。

4/17(水) 19:33配信

VOGUE JAPAN

11歳のときに「ハリー・ポッター」シリーズのハーマイオーニー役でデビューをしたエマ・ワトソンも4月15日で29歳に。20代最後の年を迎えた彼女のキャリアを、ファッションとともにプレイバック!

エマ・ワトソン、METガラデビューで大人のレディになった瞬間はこちら。

11歳で生まれて初めてのレッドカーペットを体験。

9歳のときに『ハリー・ポッターと賢者の石』(01)のオーディションを受けて、8回の審査の後に見事ハーマイオーニー役をゲット。2001年にスクリーンだけでなく、レッドカーペットデビューも果たした。NYで行われたプレミアに出席した11歳の彼女の、グリーンでまとめたルックがなんとも初々しい!

大胆なプリント好きはこの頃から!

BAFTA主催のアワードに出席した13歳のエマは、オリエンタルなプリントドレスをチョイス。モノトーンスタイルが圧倒的に多い彼女だけど、ときに見せる大胆なプリントコーデの原点はこの頃にあると言えそうだ。

ブロンドヘアが眩しい17歳。

17歳になったエマは『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』(07)のロンドンプレミアにシャネル(CHANEL)のドレスで出席した。ダークヘアがトレードマークだった彼女だが、この頃は明るいブロンドにしてイメージチェンジをはかった。

Text: Rieko Shibazaki

最終更新:4/17(水) 19:33
VOGUE JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【VOGUE JAPAN】

コンデナスト・ジャパン

2019年6月号
2019年4月26日発売

800円(税込み)

表紙にナオミ・キャンベルが登場!多様な「美しさ」が注目される今、自分を持って「自分を愛する」方法を徹底特集。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事