ここから本文です

若槻千夏「ママはバカなんでしょ?」に奮起、長男を入れた“エリート保育園”の真価

4/17(水) 5:00配信

週刊女性PRIME

 4月上旬の昼下がり、都内の瀟洒な建物が立ち並ぶ通りに子どもを抱きかかえたママたちが行き交う。その中に、ひときわオーラを放つ女性がいた! 若槻千夏だ。

【写真】子どもを迎えにきた若槻千夏、長男とじゃれ合う様子も

 かつて『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)の抜き打ちテストで英語で動物園のスペルが書けなかったり、中学生レベルの問題が解けず、おバカキャラとして大ブレイクした若槻。

 そんな彼女は今、お受験を視野に入れた教育を施すセレブな保育園に長男を通わせているという。

 いったい、どんな保育園なのだろうか。

「子どもの自主性や独立性、知的好奇心を育むモンテッソーリ教育や英会話、音楽、空手など、さまざまな分野を学べます。また、幼稚園や小学校受験に備えた授業も行っています。入会金5万円、年会費1万円がかかり、受講するプログラムによっては、最大で月に20万円を超えることも。かなりセレブな保育園だと言えますね」(教育業界関係者)

「ママってバカなんでしょ?」

 若槻は'12年1月に一般男性と結婚し、同年6月に長女を、'17年4月に長男を出産している。

 自身は“おバカ”と呼ばれていたが、子どもにはずいぶん早いうちから勉強させているようだ。

「娘さんの影響が大きいのではないでしょうか。以前、出演したバラエティー番組で娘さんに勉強ができないことを指摘されたことを話していました。漢字の読み方を聞かれて答えられず、彼女から“私はママみたいになりたくない”“ママってバカなんでしょ?”と言われてしまったそうです。お子さんにはきちんと勉強してほしいと思っているのかもしれませんね」(テレビ局関係者)

 若槻が子どもを通わせている保育園について、お受験コンサルタントに話を聞いた。

「小学校受験の知識を持った方がたくさんいますし、有名な幼児教室で先生をやっていた人が勉強を見てくれます。ただ、早稲田や慶應義塾、青山学院などの名門校を目指すとなると少々物足りないかもしれません」

 子どもを早いうちからこうした保育園に通わせることは受験の準備になるという。

「幼稚園受験をする場合には母子分離をするのが重要です。この保育園なら、お母さんと離れて子どもだけで行動することに早くから慣れることができます。また、時間割がきちんと区切られているので、時間どおりに行動したり、指示行動ができる子どもたちと一緒に生活できます」(お受験コンサルタント)

 冒頭の保育園で長男を迎えに来た若槻は子どもをベビーカーに乗せると笑顔を見せながら、ゆっくりと歩いて帰宅したのだった。

“エリート保育園”で育った若槻の子どもの将来が楽しみだ!

最終更新:4/17(水) 6:15
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」6/4号

定価400円(税込)

「週刊女性PRIME」では「週刊女性」本誌の一部記事のほか「週刊女性PRIME」独自の記事を読むことができます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事