ここから本文です

岩崎恭子、思春期の娘に不倫を謝罪していた! 与えたトラウマが及ぼす「悪影響」

4/17(水) 21:00配信

週刊女性PRIME

「今まで生きてきた中で一番幸せです」

 '92年バルセロナ五輪の女子200メートル平泳ぎにて、金メダルを獲得した岩崎恭子。レース直後のインタビューで、満面の笑みでこう語っていた。

【写真】若く、純粋無垢だったころの岩崎恭子

 その26年後─。

「'18年11月に自身のブログで、元ラグビー日本代表の斉藤祐也さんとの離婚を発表。また週刊誌報道で明らかになった自身の不倫について言及し、それを認めました」(スポーツ紙記者)

 競技を引退後は、スポーツレポーターを務めていた岩崎。

「岩崎さんは静岡放送のスポーツ番組『みなスポ』にレギュラー出演していましたが、不倫報道以降は出演を自粛。しかし、3月30日の放送回でひっそりと復帰しました」(同・スポーツ紙記者)

 活動自粛期間は約5か月。

「復帰当日の岩崎さんは、スタッフに“ご迷惑をおかけしました”といった謝罪をしていましたね」(芸能プロ関係者)

「娘は関係ありませんので」

 謝罪はここだけでなかった。

「岩崎さんは離婚した後、小学校中学年の娘さんに対して、離婚した経緯をきちんと説明したそうですよ」(同・芸能プロ関係者)

 娘にどんな言葉をかけたのか。4月上旬、自宅マンションを出る岩崎に声をかけると、

「これから娘を迎えに行くので、取材は困ります……」

 記者が娘はどんな反応だったかを聞くと、

「娘は関係ありませんので」

 と、一貫して繰り返した。

 不倫した母は、子どもにいったいどんな言葉をかけるのか。『恋人・夫婦仲相談所』を主宰する三松真由美さんは、

「子どもは両親の仲がよかったから、自分は生まれてきたと思っていますから、非常に不信感を抱くようになります。きちんと子どもに説明して誠心誠意、謝るべきですね」

 母の不貞は、子どもの人生にも影響を及ぼすことも。

「不倫がバレたお母さんから、娘が恋愛恐怖症になり、“お母さんが不倫をしたせいで自分は恋ができない”と責められると相談を受けたことがあります。結婚しても結局、ほかの人を好きになっちゃうから……って、娘さんは思ってしまうんですね」(前出・三松さん)

 不倫関係の著作も多い作家の亀山早苗さんには、数多くの女性からの悩みが寄せられるが、こんな不倫女性が。

「自分の不倫で離婚することになった女性が、息子に“ごめんね”と謝ったそうなんですが、息子から“離婚よりもソッチ(不倫)がショック”と言われたそうです」(亀山さん)

 子どもに何を言うか、どんな反応をするかは、やはり年齢によって異なる。

「娘であれば、自分が恋をする年齢になると、そのときのお母さんの気持ちをなんとなく理解する子もいる。20代前半くらいの娘がいて、不倫で夫婦仲がまずくなったので謝ったら“別にいいんじゃね?”って言われた人もいましたね」(亀山さん)

 岩崎の親子関係が良好であることを祈りたい。

最終更新:4/17(水) 22:27
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」6/25号

特別定価430円(税込)

「週刊女性PRIME」では「週刊女性」本誌の一部記事のほか「週刊女性PRIME」独自の記事を読むことができます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事