ここから本文です

フライング・ロータス最新作『FLAMAGRA』5月に日本先行リリース

4/17(水) 23:40配信

Rolling Stone Japan

フライング・ロータスの最新作『FLAMAGRA』が5月22日 (水) に日本先行リリースされる。発表に併せて、映画監督のデヴィッド・リンチがナレーションを務め、フライング・ロータス自身とデヴィッド・ファースが製作を手がけた「FIRE IS COMING」のビデオが公開された。

もっと写真を見る

グラミー賞候補にもなった前作『ユーアー・デッド!』から5年。ケンドリック・ラマーの傑作『トゥ・ピンプ・ア・バタフライ』におけるコラボレーション、カマシ・ワシントンの大出世作『ジ・エピック』の監修、サンダーキャットの出世作『ドランク』では大半の楽曲をプロデュースし、ここ日本でも上映されたコミック・ホラー長編映画『KUSO』の監督・脚本を手がけ、主宰レーベルのブレインフィーダーが10周年を迎えるなど、シーンの重要人物として君臨するフライング・ロータス。

『FLAMAGRA』は、12年に及ぶキャリアの中でロータスが世に提示してきた革新性のすべてを掻き集め、ヒップホップ、ファンク、ソウル、ジャズ、ダンス・ミュージック、トライバルなポリリズム、IDM、ビート・ミュージックが複雑に絡み合い、驚異的な独創性が発揮されたアルバムになっているという。

さらに本作には、アンダーソン・パーク、ジョージ・クリントン、ユキミ・ナガノ(リトル・ドラゴン)、ティエラ・ワック、デンゼル・カリー、イシュマエル・バトラー(シャバズ・パレセズ)、トロ・イ・モワ、ソランジュ、盟友のサンダーキャットがボーカリストとして参加。デヴィッド・リンチは不気味なナレーションを添えている。

『FLAMAGRA』の国内盤にはボーナストラック「Quarantine」を含む計28曲が収録され、歌詞対訳と解説書が封入される。初回生産盤CDは豪華パッケージ仕様。さらに、Tシャツ付セットも限定数販売されるほか、2枚組となる輸入盤LPには、通常のブラック・ヴァイナルに加え、限定のホワイト・ヴァイナル仕様盤、さらに特殊ポップアップ・スリーヴを採用したスペシャル・エディションも発売。Beatink.comでは50部限定で、スペシャル・エディションのクリア・ヴァイナル仕様盤が販売となり、本日より予約が開始となる。

ーーー

フライング・ロータス
『FLAMAGRA』
5月22日 (水) 日本先行リリース

初回盤紙ジャケット仕様
ボーナストラック追加収録 / 歌詞対訳・解説書付
(解説:吉田雅史/対談:若林恵 x 柳樂光隆)

Rolling Stone Japan 編集部

最終更新:4/17(水) 23:40
Rolling Stone Japan

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Rolling Stone Japan vol.05

CCCミュージックラボ

vol.05
2018年12月25日発売

1000円(税抜)

特集:RADWIMPS
『ゾンビランドサガ』ポスター付き
BEST OF 2018
今市隆二、登坂広臣、他

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事