ここから本文です

バルサ退団説浮上のコウチーニョ、マンU移籍は除外か 古巣との”つながり”を海外指摘

4/17(水) 13:20配信

Football ZONE web

古巣リバプールのファンとの関係も考慮し、新天地候補はチェルシー、PSGが有力か

 バルセロナのブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョは、今季リーグ戦30試合に出場するもレギュラーに完全定着できず、今夏の退団の可能性が指摘されてきた。その新天地候補からプレミアリーグの強豪マンチェスター・ユナイテッドが除外されたと、スペイン紙「スポルト」が報じている。

 コウチーニョがバルサを離れる場合、その行き先はプレミアリーグになる可能性が高い。かつてリバプールに所属していたが、プレミア復帰時の有力候補はチェルシーだ。国際サッカー連盟(FIFA)から通達されている補強禁止処分が延期されることが条件となるが、チェルシーは今後の補強禁止期間の前に新戦力を確保しておきたく、またレアル・マドリードへの移籍が濃厚となっているベルギー代表MFエデン・アザールに代わる攻撃の核を探している。コウチーニョは、その理想的な代役なのだ。

 また、父親が残留を明言したブラジル代表FWネイマールの所属するパリ・サンジェルマン(PSG)も、コウチーニョの移籍先候補の一つだ。ネイマールはブラジル代表の同僚とフランスで合流することを望んでいる。そしてPSGは、すでに彼の代理人と接触を図っているという。

 一方、移籍先の候補から消えたのがマンチェスター・ユナイテッドだ。先週のUEFAチャンピオンズリーグ準々決勝第1戦でバルセロナはユナイテッドに1-0と勝利したが、バルサのユニフォームを纏ってオールド・トラッフォードに立ったコウチーニョは、激しいブーイングを受けた。かつてユナイテッドのライバルクラブであるリバプールに所属していたことをファンは忘れていなかったのだ。

 コウチーニョ自身もリバプールのファンを裏切るような移籍は望んでないとされており、この試合で受けたヤジや口笛が、その思いを再確認させたと、記事は結んでいる。

 果たして、コウチーニョは来季、どのチームのユニフォームを着てプレーすることになるのだろうか。

Football ZONE web編集部

最終更新:4/17(水) 13:20
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事