ここから本文です

元英代表2人がマンU撃破のメッシ称賛 「ジョーンズの包帯は緩んだ」「マスタークラス」

4/17(水) 19:30配信

Football ZONE web

リネカー氏とハーグリーブス氏がそろって激賞 「全員が席から立ち上がった」

 バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは現地時間16日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝第2戦のマンチェスター・ユナイテッド戦で2ゴールを奪う大車輪の活躍で3-0の勝利に貢献。合計スコア4-0で準決勝進出を決めた。元イングランド代表FWギャリー・リネカー氏らが、このメッシのマジックをまさに“マスターピース”だと絶賛している。英紙「デイリー・メール」が報じた。

【動画】メッシが鋭い切り返し連発! 対峙したDFフィル・ジョーンズを翻弄、決定機の起点に

 第1戦のアウェー戦を1-0で先勝していたバルセロナは、本拠地カンプ・ノウにユナイテッドを迎え撃った。開始早々にクロスバー直撃のシュートを打たれるピンチを迎え、圧力を掛けられるも、絶対的なエースが個人技を光らせるゴールで流れを一変させる。

 0-0で迎えた前半16分、右サイドで相手DFアシュリー・ヤングのスライディングタックルを軽妙にかわすと、詰めてきた相手MFフレッジをワンタッチで股を通し置き去りに。対面した相手DFクリス・スモーリングをスピードで振り切ると、そのまま左足を振り抜き、ゴール左隅を射抜いた。

 そして、その4分後にもペナルティーアーク手前でボールを持ったメッシは、目の前のDFフィル・ジョーンズを鮮やかに抜き去ると、利き足でない右足を振り抜きネットを揺らした。この時、メッシと1対1となったジョーンズはメッシがシュートをしようとした瞬間に懸命に右足を伸ばして阻止を図るも、止めることはできず。ゴールに向かうボールの方向に体を向けながら体制を崩し、尻もちをついた。

 英放送局「BTスポーツ」に出演したリネカー氏は、ジョーンズが頭に巻いていた包帯にかけて、「彼がフィル・ジョーンズを何度もひっくり返したので、彼(ジョーンズ)の包帯はゆるくなってしまった」とジョークを交えてメッシを称賛。共演していた元ユナイテッドのMFオーウェン・ハーグリーブス氏も、このメッシのパフォーマンスに「本当に、全員が席から立ち上がった。この試合の前にこれがメッシの“マスタークラス”になると言っていたが、本当にそうなった。間違いなく素晴らしかった」と脱帽した様子だった。

 4年ぶりのベスト4進出を果たしたバルセロナだが、大会10ゴール目を挙げたメッシは、違いを生み出す異次元の存在としての貫禄を誇示している。

Football ZONE web編集部

最終更新:4/17(水) 19:30
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事