ここから本文です

今度の「警視庁・捜査一課長スペシャル」は東京とNYが舞台! 内藤剛志がグローバルに事件を解決

4/17(水) 7:00配信

ザテレビジョン

内藤剛志が主演を務める人気刑事ドラマシリーズ「警視庁・捜査一課長」(テレビ朝日系)のスペシャルが、4月21日(日)に放送。今作は、東京とニューヨークが舞台となる。

【写真を見る】FBIのエリート捜査官を演じる鈴木紗理奈(写真左)

「警視庁・捜査一課長」は、2012年に放送スタート。ヒラ刑事から這い上がってきた叩き上げの捜査一課長・大岩純一(内藤)と、彼を慕う情熱あふれる捜査員たちの物語が描かれる。

今回のスペシャルでは、東京とニューヨークで同じ日に、同じ名前の“サトウ・アキラ”という日本人が殺害される事件が発生。

大岩は、鈴木紗理奈演じるFBIから送り込まれるエリート女性捜査官・神林瑤子と、国境を越えた謎めく事件の解決に挑む。

内藤は今作について、「もうすぐ幕を開ける令和時代、そして2020年のオリンピックイヤーに向けて、世界と日本の関わり、つまり日本が世界からどう見えるのかを描いています」と解説。

また、見どころを「鈴木紗理奈さん演じるアメリカナイズされた捜査官を通して、みんなで助け合う、和を大事にする日本人の素晴らしさも描かれています」と語っている。

なお、今作は「未解決の女 警視庁文書捜査官~緋色のシグナル~」(4月28日[日]夜9:00-11:05、テレビ朝日系)とのコラボレーションも実施。ある1シーンに、肉体派熱血刑事・矢代朋を演じる波瑠が登場することが明かされている。

■ 内藤剛志コメント

――「警視庁・捜査一課長」が“平成最後のスペシャル”として戻って来るが、同シリーズの魅力は?

いちばんの魅力は“謎解き”の面白さですね。ミステリーである以上、そこは譲れません!

そしてもう一つは“全員捜査”、つまり“チームワーク”です。ミステリーですので殺人事件を描いてはいますが、ご覧になった方に「人間っていいな」「信じあうって素晴らしい」「生きるって楽しいことなんだ」と少しでも感じてもらいたいと考えながら演じています。僕は常々、ロックミュージックが“ラブ・アンド・ピース”を歌うみたいに、ドラマが夢や希望を語らなくてどうするんだ、と思っているんです。もちろんいろいろなドラマがあってよいのですが、この「警視庁・捜査一課長」に関しては、そんな思いで取り組んでいます。

また、分かりやすく“勧善懲悪”を貫くことも考えています。これまで時代劇が担ってきた“日本人の心”みたいなものを、今、僕らが担う立場に立っているのではないかと思っているからです。

――今回のスペシャルの見どころは?

今回のスペシャルは、もうすぐ幕を開ける令和時代、そして2020年のオリンピックイヤーに向けて、世界と日本の関わり、つまり日本が世界からどう見えるのかを描いています。もしかしたら、意外と日本人よりも外国人のほうが日本のことをよく知っているのではないか…。また、意外と目の前にあるものは見えづらいのではないか…という発想です。

日本の良さのひとつに“浪花節”や“義理人情”があると思うのですが、今回のスペシャルでは、鈴木紗理奈さん演じるアメリカナイズされた捜査官を通して、みんなで助け合う、和を大事にする日本人の素晴らしさも描かれています。

もともと「警視庁・捜査一課長」は「土曜ワイド劇場」からスタートしたので、2時間スペシャルは得意なんです。一課長の捜査はある意味、“人海戦術”なので、その面白さをお見せするには、やっぱり時間をかけたい。今回のスペシャルも2時間、たっぷり楽しんでいただけることと思います!

■ 「警視庁・捜査一課長スペシャル」のあらすじ

警視庁捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)の元に、アメリカ連邦捜査局“FBI”から極秘の捜査依頼が舞い込んだ。羽田発の直行便に搭乗したニューヨーク在住の日本人・左藤彬(伊嵜充則)が、ニューヨークに到着した直後に死亡したという。死因は毒物による中毒死で、日本出国前に毒物入りカプセルを何者かに飲まされた可能性があるというのだ。

すぐに、この事件のために、FBIから捜査官・神林瑤子(鈴木紗理奈)が送り込まれてきた。彼女は5年前、警視庁からFBIに出向したエリートで、大岩もよく知る人物だった。

瑤子によると、被害者の左藤はマンハッタンで大人気の日本食レストラン「DAITOKYO」を営む新進気鋭のシェフで、従業員に「2泊4日で東京に行く」と言い残していたという。左藤が泊まっていた羽田のホテルを訪ねた大岩は、防犯カメラ映像から左藤がチェックアウトした直後、謎の男と共にホテルの裏口に向かったことを突き止める。

さっそく瑤子と共に2人の足取りをたどったところ、なんとホテル裏の空き地で、男の遺体を発見する…! 刺殺されていたのは、左藤と一緒に防犯カメラに映っていた謎の男だった。ニューヨークで死亡した左藤は、出国する直前に殺人に手を染めていたのか…!? 

羽田中央署刑事課長・高井智代子(宮崎美子)も加わって捜査を開始したところ、なんと空き地で死んでいた男は、佐東晃(堀部圭亮)というシェフと判明! 彼の名前は、漢字は異なるもののローマ字で表記すると“AKIRA SATO”となり、ニューヨークで死亡した左藤と全く同じと分かる。しかも、佐東は左藤と同じ名の店「DAITOKYO」を東京・代官山で営んでいたことも発覚。そんな中、夫が2日前から失踪していたにもかかわらず、佐東の妻・瑞葉(横山めぐみ)が警察に届けを出していなかったことがわかり、疑惑は瑞葉に集中するが…!?(ザテレビジョン)

最終更新:4/17(水) 7:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン30号
7月17日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ