ここから本文です

<本田翼>“白衣&メガネ”姿に大反響!「診断されたい…!!」<ラジエーションハウス>

4/17(水) 20:13配信

ザテレビジョン

フジテレビ系の“月9”ドラマ「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」(毎週月曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)の第2話が4月15日(月)に放送された。主人公の放射線技師・唯織(窪田正孝)が幼い頃から片想いするヒロイン・杏を演じる本田翼の“女医スタイル”に「本田翼ちゃんの茶髪&赤メガネ可愛すぎない!?」「何でも似合うなぁ」「可愛さに磨きがかかった」との声が相次いでいる。(以下、ネタバレが含まれます)

【写真を見る】本田翼の“白衣&メガネ”姿!これは…ぜびとも診断されたい!!(他、キュートな本田翼の笑顔など)

■ 赤いメガネをかけて働く姿が「可愛すぎる」

原作は、「グランドジャンプ」(集英社)で連載中の同名コミック。“ラジエーションハウス”と呼ばれる甘春総合病院の放射線科を舞台に、レントゲンやCTで患者の見えない病を見つけ出す放射線技師や放射線科医ら“縁の下のヒーロー”たちの戦いを描く。

杏(本田)は、父親の跡を継いで医者になる夢を幼い頃から抱いていた放射線科医。医師免許を持たない放射線技師を下に見がちで、プライドが高い。

22年もの間、自分のことを思い続けていたという唯織(窪田)のことはまったく思い出せない杏は、患者以外に無駄に愛想を振りまくようなことは一切なく、いつもピリっと厳しい雰囲気を漂わせている。

杏が唯織をどんなに冷たくあしらっていても、視聴者にとって杏の気高い女医姿は、一時の癒やしとなっているようだ。SNS等では「本田翼ちゃんの茶髪&赤メガネ可愛すぎない!?」

「何しても美女だけど、眼鏡似合うよな」「あんな可愛いお医者さんに骨まで見られるとは…どきどき」「診断されたい…!!」「杏ちゃん唯織のこと好きになっちゃったりするのかしら」と、今後の展開予想まで繰り広げられている。

■ 2話の後半に見せた微笑みが話題に!

第2話では、ヒザの痛みを訴えて検査した少年・健太郎(石田星空)の診断結果に、唯織が待ったをかけて再検査するストーリーが描かれた。

強引に他の患者よりも早く検査をするよう急ぐ唯織に、技師たちは眉をひそめたが、唯織の腕を信じた技師長の小野寺(遠藤憲一)の協力で検査を進めることに。杏がより詳しくレントゲン画像を見て、骨のガンである「骨肉腫」が早期発見されたのだった。

物語の後半で、杏が小野寺に「おかげで健太郎君の病気に気付くことができました。マニュアルにない検査をありがとうございました」とかすかにほほ笑みかけるシーンが印象的で、視聴者は「杏ちゃん少し笑ったよね?」「今、エンケン(遠藤憲一)さん絶対キュンとしたはず」「なんかすごい可愛かったな」と、医者として杏が成長し、余裕のある笑顔を見せていく姿も期待されている。

次回、第3話は4月22日(月)放送。女性誌編集者の今日子(内山理名)がマンモグラフィ検査を受けにくる。

検査をスムーズにこなせない裕乃(広瀬アリス)が苦戦していると、たまき(山口紗弥加)が「練習台として胸を貸してあげる」と言ってくる。

(ザテレビジョン)

最終更新:4/17(水) 20:29
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン22号
5月22日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事