ここから本文です

もし、再会した初恋の相手が車いすだったら…? 松坂桃李と山本美月の純愛物語に「考えさせられた」【視聴熱TOP3】

4/17(水) 17:50配信

ザテレビジョン

webサイト「ザテレビジョン」では、4月16日の「視聴熱(※)」ドラマ デイリーランキングを発表した。

【写真を見る】「眼福…」「美しすぎる2人」といった声が寄せられた松坂桃李と山本美月。Twitterでは「#パーフェクトワールド」「松坂桃李」「山本美月」がトレンド入りした

1位「パーフェクトワールド」(毎週火曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)20564pt

女性漫画誌で連載中の有賀リエによる同名漫画を原作に、障がいで恋をあきらめた建築士と、車いすに乗った初恋の相手に恋心が再燃したヒロインのラブストーリー。4月16日に第1話が放送された。

インテリアデザイン会社で事務をしているつぐみ(山本美月)は、上司から設計事務所との打ち合わせの席に使いを頼まれる。するとそこには、高校時代の同級生で初恋の相手、樹(松坂桃李)がいた。胸が高鳴るつぐみだったが、樹が車いすに乗る姿を見て絶句。樹は、大学時代に事故で脊髄を損傷し、車いすで生活しながら建築士として働いていた。

冒頭の再会のシーンから、2人の心の機微が丁寧に描かれた。また、建物のバリアフリーや、排泄障がい、サポートについてなど、2人のリアルな感情が表現され、視聴者の心を引き付けた。

そして物語終盤は、コンペの準備のために無理をしすぎた樹が高熱で倒れ、入院することに。それでも会社に戻ろうとする樹をつぐみは止めるが、樹は「迷惑かけたくないんだよ!障がい者だからしょうがないねって、思われたくない。そんなふうに同情されて生きるのは、もう嫌なんだよ」と言う。

そして、病院のベッドの上で仕事を進める樹。体調はよくなく、つぐみは「次またがんばればいいじゃない」と言ってしまう。だが、樹は「次なんかないよ。いつ死ぬかもわかんないのに、俺には今しかない」と感情があふれ出し、つぐみは樹の仕事を手助けした。

SNSには「考えさせられた」という感想が多数上がった。また、本オンエアで解禁になった、米津玄師が菅田将暉のために作詞・作曲・プロデュースした主題歌「まちがいさがし」も話題に。

2位「わたし、定時で帰ります。」(毎週火曜夜10:00-11:07、TBS系)9834pt

吉高由里子が、“残業ゼロ!定時で帰る!”をモットーにする主人公を演じるドラマが4月16日にスタート。本作は朱野帰子の同名小説を原作に、残業問題を切り口として現代の働き方について描く。

WEB制作会社のディレクター・結衣(吉高)は、過去のトラウマから入社以来、残業ゼロ生活を貫き、恋人・巧(中丸雄一)との時間も大切にしている。そんな結衣の部署に、部長として福永(ユースケ・サンタマリア)が就任。さらに、結衣の元婚約者・種田(向井理)が副部長となる。

第1話では、入社以来、1日も会社を休んだことがない“仕事命”の三谷(シシド・カフカ)に焦点が当てられた。転職してきた三谷は社風にまだ慣れず、同い年の結衣にも差をつけられまいと焦っていた。三谷は、大事なプレゼンの担当を買って出るが、厳しく指導しすぎたことで女性新入社員がプレゼン4日前に三谷のPCのパスワードを勝手に変更して会社を辞めてしまう。

さらに同じく新入社員の来栖(泉澤祐希)からは、仕事ぶりが「古い」と言われてしまう。三谷は会社を飛び出し、翌日無断欠勤。三谷の自宅を訪れた結衣は、前の会社がブラック企業で、入社半年のときに階段から転倒して意識不明になった経験を明かした。

三谷の仕事の進め方や、新入社員のわがままぶりにあ然とする場面はありつつも、さまざまな世代の仕事観は共感も呼んだ。

3位「ぼくらのショウタイム」(メ~テレ)5481pt

メ~テレ(名古屋テレビ)が制作し、A.B.C-Zが主演したスペシャルドラマ。同局で放送中の情報番組「デルサタ」(毎週土曜朝6:30-7:55)に出演するA.B.C-Z と、MCを務める濱口優のコラボ企画第4弾として、メ~テレでは4月5日にオンエアされた。

12日から全国13の映画館で1週間限定の特別公開となったディレクターズカット版が、13~14日のミニシアターランキングで首位を獲得したことが16日にわかった。その反響を受けて、25日(木)までの続映が決定し、ファンから歓喜の声が寄せられた。

本作は、初春のメ~テレを舞台に繰り広げられる5人の若者の物語。新米AD・赤木を橋本良亮、若手カメラマン・小柴を河合郁人、フリーター・黄原を塚田僚一、警備員・青島を五関晃一、社食のアルバイト・桃井を戸塚祥太が演じる。

webサイト「ザテレビジョン」の「視聴熱」ページでは、4~10位のランキングやバラエティーランキング、またウィークリーランキングも発表している。

※SNSや独自調査を集計した、今熱い番組を計る新指標(ザテレビジョン)

最終更新:4/17(水) 17:50
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン34号
8月16日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事