ここから本文です

プレーに不満のマンUサポーターがA・ヤングに対して人種差別的ツイート。過去にもEURO予選で…

4/17(水) 21:00配信

フットボールチャンネル

 イングランド・マンチェスター・ユナイテッドに所属するDFアシュリー・ヤングがツイッター上で人種差別的なコメントを受けたようだ。英メディア『ミラー』などが現地時間の17日に報じた。

 ユナイテッドは現地時間の16日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグでバルセロナに敗戦。2戦合計0-4で準々決勝敗退となった。ヤングはこの日、左サイドバックで先発フル出場。同選手のパフォーマンスに不満を持ったユナイテッドサポーターが、同選手に対して人種差別的な発言をツイッターに投稿した。

 2012年にもEURO2012準々決勝イングランド対イタリアの試合後、PKを外したヤングとDFアシュリー・コールに対して、イングランド代表サポーターがツイッターで人種差別的発言をした。

 さらに最近では、今年3月25日に行われたEURO2020予選のイングランド対モンテネグロ戦でもチェルシーに所属する18歳FWカラム・ハドソン=オドイとトッテナムに所属するDFダニー・ローズが人種差別的な発言を受けていた。

 欧州で度々起こる人種差別行為が、続けてイングランドで起こってしまった。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:4/17(水) 21:00
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事