ここから本文です

“無印食品”は大化けするか 良品計画、「食」への野望

4/17(水) 22:00配信

WWD JAPAN.com

「無印良品(MUJI)」が食に本腰を入れる。運営する良品計画の売上高に占める食品の割合は7.8%(2019年2月期の国内実績)だが、これを長期計画として30年に30%に高める。食品は潜在需要が見込めるだけでなく、客の来店頻度を高めて、服や雑貨の“ついで買い”を促すことが期待できる。食品の拡充によって「無印良品」はどう変わるのか。

【画像】“無印食品”は大化けするか 良品計画、「食」への野望

"「無印良品」で朝食を"

朝7時半。4月4日にオープンした「無印良品」の銀座旗艦店の入り口に、もくもくと湯気が出る看板が置かれた。朝食の営業を知らせるサインだ。

地下1階のレストラン「MUJIダイナー」では、味噌汁付きのおにぎりセット(税込500円)やトーストセット(同500円)、店内の工房で作られる豆乳粥(同500円)や湯豆腐セット(同850円)などを食べることができる。1階のベーカリーでは店内で焼いたパンを販売。同社のアプリ「MUJIパスポート」を通じてパンやコーヒーの予約も行える。

日本初の「MUJIホテル」の併設で話題の銀座旗艦店は、食を前面に打ち出した店舗でもある。通常「無印良品」は店の顔となる入り口付近、あるいは多層階なら1階に衣料品の売り場を作るのが常だった。しかし1~5階(売り場面積3980平方メートル)の銀座旗艦店は、並木通りに面した1階に食品売り場を配置した。ベーカリーのほか、野菜、果物、菓子、加工食品、冷凍食品、調味料、弁当、ジューススタンド、ブレンドティー工房などがマルシェのように並ぶ。昨年12月まで営業していた有楽町旗艦店に比べて食品売り場は34%も広くなった。

良品計画の松﨑暁社長は、食品は長年の課題だったと話す。「『無印良品』は生活の基本となるものを扱うことを謳っているのに、食の領域が欠落していた。今後は世界で拡大していきたい」。

7000品目以上の商品を取り扱う「無印良品」の商品は3分野に大別できる。19年2月期の売り上げ構成でいえば、服、バッグ、シューズなどの「衣服・雑貨」が37.2%、家具・インテリア、リネン類、収納具、文具、化粧品、食器などの「生活雑貨」が53.1%、そして「食品」が7.8%。既存店売上高の食品の伸び率は3分野の中でも最も高い13.2%増だが、松﨑社長が言う通り、食品の取り扱いは加工食品、菓子、調味料に集約されている。売り上げ規模も売り場面積もまだ限られているのが現状だ。

1/3ページ

最終更新:4/17(水) 22:00
WWD JAPAN.com

記事提供社からのご案内(外部サイト)

WWD ジャパン

INFASパブリケーションズ

2097号
2019年8月26日発売

定価500円(税込み)

19年春夏の百貨店では何が売れた? 好調ブランド、ヒット商品をリポート

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事