ここから本文です

ヘイリー・ビーバーが夫のジャスティンの姓を冠したビューティブランド立ち上げか

4/17(水) 21:00配信

WWD JAPAN.com

昨年ジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)と結婚したモデルのヘイリー・ビーバー(Hailey Bieber、旧姓ヘイリー・ボールドウィン、Hailey Baldwin)が、夫の姓を冠したビューティブランド「ビーバー ビューティ(BIEBER BEAUTY)」を立ち上げるようだ。

【画像】ヘイリー・ビーバーが夫のジャスティンの姓を冠したビューティブランド立ち上げか

アメリカ合衆国特許商標庁によれば、ヘイリーは4月10日に「ビューティおよびコスメ」という端的な説明で会社の商標登録を申請している。

ヘイリーは昨年10月10日にもヘイリー・ビーバーとヘイリー・ボールドウィンの名の商標登録を申請しており、こちらはシューズやボディースーツ、ビーチウエア、テーラードジャケット、シャツ、キャミソールなどのアパレルブランドのために申請しているようだ。

ヘイリーは「リーバイス(LEVI’S)」の“501”の顔に指名されたほか、ビューティブランドでは「ベアミネラル(BAREMINERALS)」のキャンペーンに起用されているが、ビューティ業界での経験はない。

一方、夫のジャスティンは自身のミドルネームを冠したファッションブランド「ドリュー ハウス(DREW HOUSE)」を1月に立ち上げており、3月に香港で開催された現代アートフェア「アート・バーゼル(ART BASEL)」でブランド初のポップアップストアをオープンした。

最終更新:4/17(水) 21:00
WWD JAPAN.com

記事提供社からのご案内(外部サイト)

WWD ジャパン

INFASパブリケーションズ

2097号
2019年8月26日発売

定価500円(税込み)

19年春夏の百貨店では何が売れた? 好調ブランド、ヒット商品をリポート

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事