ここから本文です

資生堂ジャパンが浜松町に本社移転 都内6カ所の拠点を集約

4/17(水) 17:30配信

WWD JAPAN.com

資生堂ジャパンは5月7日、本社を移転する。これまで都内6カ所に点在していた拠点を浜松町のオフィス(東京都港区浜松町2-3-1)に集約し、日本事業のさらなる成長を期する。なお、汐留ビルはグローバルの本社機能として存続する。

【画像】資生堂ジャパンが浜松町に本社移転 都内6カ所の拠点を集約

本社機能の集約は「お客さまがあらゆる生活場面で好きな時に、好きなように、ブランドを通じた化粧体験を楽しめることを実現する」という同社のビジョンの実現に向けての一環だ。

移転対象オフィスは、汐留オフィス(スタッフ機能・営業機能〈関係会社〉など)、汐留シティセンター(マーケティング・営業機能など)、代々木(営業機能)、北東京(スタッフ・営業機能)、田町(営業機能)、南青山スリービル(営業機能〈関係会社〉)。

最終更新:4/17(水) 17:30
WWD JAPAN.com

記事提供社からのご案内(外部サイト)

WWD ジャパン

INFASパブリケーションズ

2084号
2019年5月20日発売

定価500円(税込み)

ミレニアル世代はみんなフェミニスト 声を上げ始めた20代に響くビジネスとは?

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事