ここから本文です

衝撃! SHINJOが本塁打の打法名で引退宣言(2006年4月18日)

4/18(木) 7:05配信

週刊ベースボールONLINE

 プロ野球の歴史の中から、日付にこだわってその日に何があったのか紹介していく。今回は2006年4月18日だ。

 振り返ってみれば引退ロードはのっけからサプライズで始まった。

「28年間、思う存分野球を楽しんだぜ。今年でユニフォームを脱ぎます打法」

 4月18日、オリックス戦(東京ドーム)。日本ハムのSHINJOは第2号ホームランを放った。日本ハム移籍以来、恒例となっていた打法名発表の場を拝借しての衝撃宣言。試合後のお立ち台では「今シーズン限りでユニフォームを脱ぎます」と正式にファンに告げた。

 広報との間では“合意”ができていたというが、監督、コーチ、選手、関係者に根回しをしない突然のアナウンスは、いかにもSHINJOらしかった。

 自らの去就を表明したことによって残りの06年シーズンはすべて“SHINJO引退ツアー”のプレミアがついた。今季限りでグラウンドを去るのなら、見逃せない――実際、18日の試合は1万2560人だった観衆が、引退発表の翌日の19日には1万5892人、そのまた翌日には1万6004人と確実に増えていった。

 突然の引退表明から一夜明けたゲーム前、円陣の真ん中に立った背番号1は、周りを騒がせたことをチームメートに謝罪すると「優勝してシャンパンファイトがしたい」と口にした。果たしてこのとき、どれだけのナインが「シャンパンファイト」の具体的なイメージを頭に描けたのだろうか――。

写真=BBM

週刊ベースボール

最終更新:4/18(木) 7:05
週刊ベースボールONLINE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINE

株式会社ベースボール・マガジン社

野球専門誌『週刊ベースボール』でしか読めない人気連載をはじめ、プロ野球ファン必見のコンテンツをご覧いただけます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事