ここから本文です

ちょっと遅めのシーズン予想です!【大島康徳の負くっか魂!!第102回】

4/18(木) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

令和への思い

千賀の今年は楽しみです

 安倍晋三首相が、会見で新元号“令和”について語っておられました。語源は万葉集から。そして、一人ひとりの日本人があすへの希望とともに、それぞれの花を大きく咲かせることができる、そうした日本でありたい、と。

 とても素敵な言葉でありました。

 私は“令和”の言葉の響きはとても優しく美しいと思います。

 新しい時代“令和”が皆さんにとって優しさと希望にあふれた時代になりますようにお祈りします。

 もう一つ、SMAPファンの皆さんへ。『世界に一つだけの花』は、次の時代にも咲き続けますね。

 ナオミさん(愛しの妻です)も驚きの後に感動していました。

 では、いよいよ開幕したペナントレースの話です。

 前回はセ・リーグの勢力図について「2・2・2」、つまり広島、巨人の2強、台風の目になる可能性があるDeNA、ヤクルト、頑張って上を狙ってほしい中日、阪神という図式になっている、という話をし、その中で僕がなぜ広島を1位予想したかという理由にも触れました。

 現在(4月3日現在)、巨人が圧倒的な強さを見せ始めていますが、予想は変わりません。特に抑えのクックですね。彼が何度か失敗を重ねたらどうなるのか、という怖さは秘めています。もちろん、バリエーションのある打線は広島以上ですし、昨年の西武のように、打線が投手陣をカバーしていく戦いになれば、広島の上に行く可能性も十分あると思います。

 真ん中の2つは、条件つきで・・・ 本文:2,338文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:4/18(木) 10:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る

Yahoo!ニュースからのお知らせ