ここから本文です

キリンビール、ガリガリ君など、行ってみたい工場見学

4/18(木) 11:00配信

NEWS ポストセブン

 いよいよ間近に迫った10連休! 予定はもうお決まりですか? 交通費もホテル代も高いからと、引きこもる決意をしているアナタ、あきらめないで! 無料でゆっくり満喫できる“工場見学ツアー”がたくさんあるんです。「これで無料?」と驚くほど楽しめる、今どき工場見学に出発進行!

 工場見学といえば、製造ラインを眺めるだけの退屈な“社会科見学”を思い起こすかもしれない。しかし最近の工場見学は、ただ見るだけにとどまらないものが多いと、工場見学ブロガーの丹羽桃子さんは言う。

「各メーカーが今、工場見学に力を入れています。普段は入れない場所に入れたり、できたての食べ物が味わえる、モノ作り体験ができるなど、内容は充実。なかには、テーマパークのように趣向を凝らした演出やイベントを行う工場もあります」(丹羽さん)

 インターネットの普及により、誰でも情報を得やすくなった。その結果、企業の不祥事も明るみに出るように。その反省として、作り手の情報を自らオープンにすることで、消費者に安心感を与えようと、工場見学を開催する企業が増えたのだという。

「見学の際は、“なんで?”という疑問を1つ持ってください。答えが見つかると楽しさが倍増しますよ」

 今回は特に、東日本の無料の工場見学を紹介する。ぜひ気軽に参加してほしい。

■キリンビール横浜工場(神奈川県)
住所:神奈川県横浜市鶴見区生麦1-17-1
定休日:月曜日、年末年始(臨時休業日あり)
※1日7回開催。予約はインターネットまたは電話にて先着順(年齢制限なし)

「見て触って、味わって楽しむといった五感に訴える見学スタイルが特長なので、お子さんも楽しめますよ」(丹羽さん・以下同)。

 例えば、ビールの原料となる麦芽やホップ、麦汁の香りや味を確かめられたり、製造工程をプロジェクションマッピングで解説してもらえる。「新・一番搾り」をはじめ、ビールの試飲も無料だ(未成年者はソフトドリンク)。

1/2ページ

最終更新:4/18(木) 11:00
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事