ここから本文です

30年間色あせなかった、平成を象徴した2つのアニメ

4/18(木) 17:00配信

otocoto

まもなく新たな元号の令和元年となる。僕にとっては社会に出てからと平成30年間はほぼ被るので、アッと言うまであった気すらする。その30年前。平成元年(1989年)にはどのようなアニメがあったのかと調べなおしてみると、平成元年前後はとりわけアニメ映画においては今なお語られる名作がいくつも登場した時期で、昭和/平成という元号、80年代/90年代という西暦。どちらで考えても大きな歴史の節目であったと言える。節目であるというのは、その作品が登場したことで何かが変化したことや、その前後を区切る点となることを示すが、とりわけ昭和63年(1988年)に『AKIRA』が。翌平成元年(1989年)に『機動警察パトレイバー the Movie』が公開されたことは、今になって振り返ると一つの象徴であったと思う。

昭和最後の年は64年だが、わずか1週間しかなかったこともあり、まるまる1年間という時間が存在した昭和63年を「昭和最後の年だった」という認識でいる人はおそらく少なくないのではないかと思っている。その「思い返せば昭和最後の年だった」年に公開された『AKIRA』は、後になって(特に近年になって)考えたときに、昭和アニメの行き着いた先の解答だったのではないか。

昭和に登場したアニメーションは数十年という時間の中で“リアリティ”というものへの挑戦が絶えずアップデートされてきた。実写そのままを求めるのであれば実写でいい。ではアニメーションならではのリアリズム、リアリティは何であり、それを画でどう生み出し描くのか。日常での仕草や動作。所作や感情。さらには設定の裏打ちで描写が高められていった中、『AKIRA』ではさらにそこに“映画的な緻密さ”が加わった。大友克洋といえばマンガ界で昭和50年代に起こったニューウェーブの中心にいた作家だが、アニメーションにおいても新たな時代を開いた。当時、僕は映画学校の生徒であったが、普段はどのような映画もかなり厳しい目で見ていた友人が「全てのカットがあまりにも“映画”で驚いた」と絶賛していたのを覚えている。

“映画的なるもの”というのが何を表すのかは説明が難しいが、それまでにも映画として評価されるアニメはすでに何本も登場している。大友はさらにそこに、実写映画的でありながら実写映画では困難(アニメだから可能)なカメラワークや、「それを写せばこうなるハズだ」を表現した。例えば冒頭のバイクチェスにおけるテールランプの流れる光もそうで、今では珍しくもないが当時はかなりの驚きであった。

1/4ページ

最終更新:4/18(木) 17:00
otocoto

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事