ここから本文です

久保建英を待ち受ける茨の道。 バルサBでは「メッシ二世」が毎年誕生

4/18(木) 6:20配信

webスポルティーバ

 バルセロナが、久保建英(FC東京/17歳)の復帰を視野に入れているのはほぼ間違いない。”バルサの機関紙”とも揶揄されるエル・ムンド・デポルティボは、復帰を既定路線として書き立てている。マドリード系のマルカまでが「レアル・マドリードも興味を示している」と伝え、状況を煽っており、風雲急を告げつつある。

【写真】メッシらのプレーの背後でバルサに何が? 新プロジェクトを独占取材

 久保が18歳になる今年6月、ひとつの結論が出るのだろう。ただし、もし復帰した場合でも、当面はトップチームではない。セカンドチームであるバルサBが主戦場になるだろう。

 そもそも、バルサBとはどのような存在なのか。

 バルサBは、ラ・マシアと言われるバルサの育成組織の頂点と言えるだろう。ラ・マシアで育った選手たちが最終的に行き着く場所。そこで大人たちを相手にプレーし、試練を受け、「トップチームに昇格できるかどうか」の審判を下される。いわば登竜門。リオネル・メッシもアンドレス・イニエスタも、バルサBでのプレーを経て、トップに定着したのだ。

 バルサBは現在、2部B(実質3部)に所属している。昨シーズンまでは2部で戦っていたが、あえなく降格。今シーズンは第33節終了段階で6位と、昇格プレーオフを狙える順位(4位以内)を争っている。

 選手構成は基本的に、「U-21バルセロナ」に近い。現在は「ジョゼップ・グアルディオラに近い」と言われる戦術家、ガルシア・ピミエンタ監督が率いている。ピミエンタはラ・マシアで、メッシ、ジェラール・ピケ(バルセロナ)、セスク・ファブレガス(モナコ)、チアゴ・アルカンタラ(バイエルン)、セルジ・ロベルト(バルセロナ)などを指導してきた実績がある。

 現在のメンバーは、2017-18シーズンにUEFAユースリーグ(ユース年代の欧州チャンピオンズリーグ)で優勝した選手が中心。エースは「左利きのイニエスタ」、アレックス・コジャード(19歳)か。左サイドバックのフアン・ミランダ(19歳)は昨年12月、スペイン国王杯でトップデビュー。アンカーのオリオル・ブスケッツ(20歳)はセルヒオ・ブスケッツから後継者に指名され、同じくトップデビュー済み。右サイドバックのムサ・ワゲ(20歳)はセネガル代表としてロシアW杯に出場、日本戦で得点を記録した。

 そして来季は、久保と同年代の選手たちがバルサBに昇格する予定と言われる。デポルティボ・ラ・コルーニャで活躍した元スペイン代表フラン・ゴンサレスの息子、ニコ・ゴンサレスなどは、すでにバルサBでデビュー。ちなみに彼らもUEFAユースリーグで準決勝に進出し、連覇に挑んでいる。
 
 久保の復帰に向け、これ以上のタイミングはないだろう。

1/2ページ

最終更新:4/18(木) 6:20
webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ
4月4日(木)発売

定価 本体1,800円+税

フィギュア特集『羽生結弦は超えていく』
■羽生結弦 世界選手権レポート
■羽生結弦 グランプリシリーズプレーバック
■宇野昌磨、髙橋大輔、紀平梨花、坂本花織ほか

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事