ここから本文です

最新LEDカスタムアイテム×3選〈後編〉【光りモノで愛車をドレスアップ】

4/18(木) 5:30配信

WEBヤングマシン

流れるウインカーでLEDならではのドレスアップ

従来のハロゲンバルブに置き換わり、どんどんと普及が進むLEDの灯火類。貴方の愛車にもそんな最新LED装備をカスタムで実現できる最新アイテム×3選を紹介。カッコよさと視認性・被視認性の両方で愛車の価値を高めてくれる。後編ではシーケンシャルウインカー×2種について紹介する。

【写真をまとめて見る】

カスタムアイテム2:流れるウインカーとミラーが合体。ネイキッド/アドベンチャー/スクーターなどに幅広く似合う

【TECH07ミラー withシーケンシャルウインカー[キジマ]税込価格2万520円 カラー:ブラック、カーボンルック】

’14年の道路運送車両法の保安基準改正により、内から外に流れるように点滅するシーケンシャルタイプのウインカーを採用する四輪車を街中でもよく見かけるようになってきた。もちろん保安基準を満たしていれば、カスタムでもOK。ということで、この目立ち度バツグンの近未来的なアイテムをバイクでも楽しめるようにしたのが、キジマの「テック07 ミラーwithシーケンシャルウインカー」だ。

この商品は、LEDで構成された流れるウインカーがミラーに内蔵されていることで、ネイキッドでもさらにモダンなスタイルに仕上げられるところがポイント。しかも、ウインカーに沿うようなかたちで白色LEDのポジションランプもセットされており、ひと味もふた味も違う精悍な雰囲気を味わえる。ミラー本体のボディカラーはカーボンとプレーンのブラックの2タイプから選べるので、ストリートファイター系ネイキッドからスタンダード系、ネオレトロ系、それにアドベンチャーやスクーターなどマッチングの幅も広い。

商品は汎用タイプとなっており、取り付けもM8とM10の正/逆ボルトに対応しているため、ハンドルマウントミラータイプのほぼすべての車両に装着可能。Z900RSなど一部の車両で必要となるICリレーも別途用意されている。また、カウルマウントミラー車には、同様の流れるウインカー&ポジションランプを採用したテック06ミラーが用意されているので、そちらを検討してもらいたい。

ミラーとしての機能も十分で、欧州の安全基準であるeマークを取得ずみ。ステーが100mmと長いので、後方視界は良好だ。ミラー本体による視認性向上と、流れるウインカーの目立ち度による被視認性向上の両面、安全性のアップも狙えるカスタムアイテムだ。

1/3ページ

最終更新:4/18(木) 5:30
WEBヤングマシン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ヤングマシン

内外出版社

2019年06月号
4月24日発売

定価880円(税込)

スクープ:1135Rことヨシムラカタナ現代版!?
新型最速試乗:ホンダ新生ミドルスポーツ他
「#ヤンマシ写真部」120点一挙掲載
別冊付録:最新ヘルメットカタログ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事