ここから本文です

【卓球】卓球のラバーはいくら? 1万円近い新ラバーが登場

4/18(木) 16:34配信

卓球王国

消耗品なのに1万円近いラバーが登場した。水谷や張本が使用

 この『テナジー』は以前、中国から大量に買い付けられ、それが中国で高値で売られたという経緯があり、定価6000円だった商品を2015年にはオープン価格にしたことで、実勢価格が8300円ほどになった。それほど人気のあるラバーなのである。
 そのバタフライから今度は『ディグニクス』というラバーが発売された。1月の全日本選手権では市販前のこのラバーを使って、水谷隼が優勝。大会後に張本智和もこのラバーに変え、ジャパントップ12で優勝するなど、この新ラバーが『テナジー』を上回る、卓球用具のトップラバーになる可能性が出てきた。

 しかも、値段は『テナジー』を超えて、店頭価格が9400円程度になっている。トップ選手は世界選手権のようなビッグゲームでは2、3日に1枚のペースでラバーを替える。世界のトップ級の選手のインパクトはとんでもなく強い。それを練習や試合で何千球と打つと、ラバーの表面が摩耗したり、時には裂けることもある。1週間の世界選手権ならば、トップの選手たちは大会前に新品のラバーに替えて、途中で一度か二度替えると言われている。
 卓球メーカーと契約して無償提供される選手は良いが、ホビー選手はそうはいかない。場合によっては2、3カ月同じラバーを使う選手もいる。卓球ラバーは回転率の早い消耗品なのだ。

 世界の王座に君臨する中国選手はフォア面に粘着性のある中国ラバーを貼り、バック面にはスピードが出て、コントロールにも優れた『テナジー』を使う選手が多い。フォアとバックの球質の違いさえも、彼らは戦術の一環にしていると言われている。強烈な回転を生み出す中国ラバーには日本選手も手を焼いてきたが、去年の12月のワールドツアー・グランドファイナルの時に、水谷隼は「『ディグニクス』を使うと、中国ラバーがさほど苦にならなくなった」と語っている。
 卓球は用具を使いながら2.7gのプラスチックボールを打ち合う繊細なスポーツである。世界のトップ選手はラバーのわずかな硬さの違いや、重さの違いまでを指先で感知できる。彼らは人間の反応能力の限界の中で、相手の回転を見極め、適切なラケット角度を出し、返球していく。
 豪快な打ち合いの中で、卓球選手は1mm、0.1秒単位でラケットをコントロールする。21日から始まる世界選手権ブダペスト大会。地球上で最も速く、最も繊細なアスリートの戦いが始まる。

*『ディグニクス』は5月16日発売の卓球王国別冊『卓球グッズ』でも特集

卓球王国 今野昇

2/2ページ

最終更新:4/18(木) 16:34
卓球王国

記事提供社からのご案内(外部サイト)

卓球王国

株式会社卓球王国

2019年10月号
8月21日発売

定価785円(税込)

最新情報満載! こだわりの卓球情報誌
報道、技術、グッズ、インタビューなど
多彩な記事を満載!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事