ここから本文です

カーネル・サンダースが男前に変身!KFC、インスタグラムを意識した奇策

4/18(木) 20:40配信

エスクァイア

 ケンタッキー・フライドチキン(以下、KFC)は2019年4月9日より、画期的なキャンペーンをスタートさせています。その一手として、現在世界的に注目されているのが、カーネル・サンダースの復活です。

 「復活」と言っても、SFやオカルト的要素からではありません。ここで新たに、バーチャルインフルエンサーとして若く、さらにイケメンとなった3DCGによって生み出されたカーネル・サンダースが登場したのです。

 直感的に「イケてる」と思うものには、次第に嫉妬感が高まってきて、そのうち粗ばあかり探すようになる…そんな方も実際少なくないでしょう。なので、この「奇策」とも言えるKFCのプロモーションが皆さんによってぶち壊される前に、いままでの投稿を冷静かつ詳細に見ていこうかと思います…。

 すると、発見できるのです。このインスタ投稿には、そこかしこにインフルエンサーのナンセンスがたくさん盛り込まれているわけです。そんなわけでKFCはある種、インスタグラムの投稿概念を大幅に変えたとも言えるのです。

 このバーチャルインフルエンサーのカーネル・サンダースには、情報の拡散力や経歴などが確認できる広報用の資料も用意されていて、その資料には彼の目的も書かれています。それは…「人々をインスパイアする」ことだそうです(いっそのこと、Inspiregramと呼べばいいのに…とも思えます)。

 この施策は大成功のようです。この結果、KFCはさらなるステージアップはたしたことが確認できるでしょう。そんな中でも、特出すべき輝きを放っているのが画像…ではありません。その画期的な画像よりも、そこに書かれたキャプションのほうが思わず「やるな!」と唸ってしまうほどかもしれません…。

 キャプションの中には、「#humble(謙虚)」「#positive(前向き)」、「#goalsAF(ダイエット成功や大好きな人とのデート、といった高い目標)」のような、意味をなさない余談のようなインフルエンサーたちの流行語(ハッシュタグ)がたくさん詰め込まれています。

1/2ページ

最終更新:4/18(木) 20:40
エスクァイア

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エスクァイア

ハースト婦人画報社

1933年にアメリカで誕生した
ハイエンド・ファッション雑誌です
ファッションやライフスタイルにとどまらず
アート、カルチャー情報などを届けます

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事