ここから本文です

2019年最新UVケア、紫外線対策は夏からじゃ遅すぎ!今日日焼け止めを塗らなかったひとに教えたい [ViVi]

4/18(木) 21:20配信

NET ViVi

今日、日焼け止めを塗らずに外出したアナタ。こうしている今も、肌の中ではせっせと“シミのもと”がつくられているかもしれません! 5年後も美肌でいるために、紫外線が強くなってくるこの時期にこそ、UVケアを始めよー!!

監修/ViVi’s美肌ドクター 高瀬聡子 先生
わかりやすい肌ケア解説が人気のViViの肌の主治医。著書『ゆる美容時点』(講談社)も好評。

“肌が白くなりたい” “透明感が欲しい” ……の前に、日焼けしないことが大事!

「一度できたシミは、美白ケアで薄くすることはできたとしても時間を要するし、美容医療に頼ると費用がかかります。だから、まずは焼かないことが大事。また、老化原因の8割は紫外線だと言われているので、肌全般のことを考えてもUVケアは必須です」

紫外線は4月からグンと増加する!

「紫外線は夏場に最も強くなりますが、冬でもなくなることはないので、一年中UVケアが必要です。特に4月は、紫外線量がグンと増える時期。まだ気温が低いためにUVケアを怠りやすく、うっかり紫外線を浴びがちなので注意して」

紫外線を4秒浴びるとメラニンの生成が始まってしまう!

「紫外線を4秒浴びると、肌を守るために“メラニンを作れ!”という指令が出始めると言われています。わずかな時間でも紫外線の影響を受けることを忘れずに!」

“今日は曇りだし……” “日陰にいるし……” でも、焼けます!!

「曇りや雨でも紫外線は降り注いでいるし、直射日光を避けても反射した紫外線を浴びてしまいます。紫外線は避けられないと思っておいて!」

絶対焼かない!塗りかたルール3

1.ケチらず規定量を守る
2.朝の塗りっぱなしはNG!!2~3時間に1回塗り直す!
3.首や耳の裏など塗り忘れに注意
日焼け止めは、ちゃんと効果が得られる量を規定量としているので、少なめに使うのは効果ダウンのもと。意外と焼けやすい首や耳の裏まで残さず塗って、2~3時間に1回塗り直すのが、焼かないUVケアのコツ。

知っておくと差がつく!UVケア基礎知識

SPF

肌を赤くするUVBをカット

メラニンの発生に関わるUVBのカット力を数値化したもの。数値が高いほどカット効果が強くなり、現時点ではSPF50+が最高値。

PA

シワをつくるUVAに対応

真皮まで届き、シワやたるみの原因となるUVAのカット力を表したもの。+の数が多いほど効果が高くなり、現在の最高値はPA++++。

1/4ページ

最終更新:4/18(木) 21:20
NET ViVi

記事提供社からのご案内(外部サイト)

NET ViVi

株式会社 講談社

2018年12月号
10月23日発売!

定価670円

おしゃれ大好きなイマドキ女子が
自分らしく生きるための
コンテンツがいっぱい!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事