ここから本文です

シャンプーのつめ替えに100円の保存袋が絶対便利なワケ

4/18(木) 20:40配信

ESSE-online

透明や半透明のジッパーつき保存袋が収納にも便利です。整理収納アドバイザーでインスタグラマーのshiroiro.homeさんは家じゅうでこの保存袋を使い倒しているそう。詳しくお話を聞きました。

ジッパーつき保存袋にシャンプー!? その意図とは?

わが家では、ジッパーつき保存袋はなくてはならない収納アイテム。普段よく使うサイズの保存袋はストックをしてきらさないようにしているほど。最近では形やサイズもすごく豊富で、いろいろな種類の保存袋が販売されています。

お気に入りは100円ショップで発見した横型の保存袋。使いやすくてリピートしています。毎日の生活の中で、ストレスなく出し入れがスムーズにできるように保存袋のサイズや形にもこだわりたいところです。

ここからはわが家でのジッパーつき保存袋の活用アイデアを紹介します。

●1.メイクポーチとして

保存袋をメイクポーチとして使っています。以前はお気に入りのメイクポーチを買って大切に使っていましたが、汚さないように使わなければいけないのがストレスでした。

それから、使いやすさを重視してジッパーつき保存袋を使うことに。汚れたら新しいものにすぐに取り替えられる、というのがとっても快適。中が見えるので中身の置き忘れもありませんし、ぜひ試してほしい活用法です!

●2.薬入れとして

家族で服用中の薬は種類ごとにジッパーつき保存袋に入れてラべリングし、まとめてボックスに入れています。この収納法を採用してから薬の飲み忘れが減りましたし、省スペースにもなっています。

このボックスの定位置はキッチンの扉をあけたすぐ横。定位置を決めておくことで服用までのリズムができあがるのでオススメです。

※薬を保管・服用する際には、用法や容量、使用期限をきちんと守ってください

●3.細々とした小さなものを雑多に収納

家の中にどこに置いたらいいか迷う、細かいものってありませんか。
わが家ではクリップやフック、キーホルダーなどがそれにあたります。それぞれジッパーつき保存袋に入れてひとまとめに箱に入れて収納。

こういった細かいものは散らかる原因になりがち。ごちゃっと箱に流し入れるより、しっかり収納場所を決めてあげることが大事です。保存袋の形を統一してそろえることによって、見やすく取り出しやすくなります。

1/2ページ

最終更新:4/26(金) 17:07
ESSE-online

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ESSE

扶桑社

2019年5月7日発売号

¥600

『ESSE(エッセ)』は生活情報誌。家事、節約、収納、レシピ等のニュースを配信中!
(6月号は特別定価600円)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事