ここから本文です

武南を日本一に導いた埼玉の名将が勇退。46年に及ぶ波瀾万丈の日々に終止符を打つ

4/18(木) 18:01配信

SOCCER DIGEST Web

老兵は死なず、ただ消え去るのみ──。

 2006年度の第85回大会を最後に全国高校選手権の出場を逃し、無念のうちに退任した。

 指導法が頭打ちになったことも伸び悩んだ原因のひとつだそうだ。「新しいメニューが減り実戦練習から入ったが、あのグラウンドでは紅白戦も組めない。試合感覚を高めたい時にそれができなかった。グラウンドがある有利、不利を痛感した」と、なんとも悔しそうに話した。

 歴代ベストイレブンや出色の試合5選などは語れないという。強かった時のチーム、優勝を決めた試合ばかりが良き思い出ではないからだ。「選手やコーチらと一緒に目標に向かって進んだから価値がある。勝てばもちろん、負ければより頑張れたし我慢もできた。喜びも苦しみも共有できたことが財産、宝物だ」と、46年に及ぶ生業を回顧した。

 アドバイザーという肩書で練習に顔を出し、試合ではベンチにも入ったが、昨年度からともに教え子の内野慎一郎監督、津島公人コーチを中心とした体制に一変。「指導者が代わればチームも変わるので、改革に取り組むのはいいことですよ。それには積極的に新しいことを学ばないといけない」と後継者にエールを送り、「これからはあまり近づかず、遠くから見守っていきたい」と述べた。

 老兵は死なず、ただ消え去るのみ──といった胸中なのだろう。

取材・文●河野 正

3/3ページ

最終更新:4/18(木) 18:01
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事