ここから本文です

これぞ平成の当たり年! 1995年東京モーターショーの忘れがたきコンセプトカー5選

4/18(木) 11:41配信

WEB CARTOP

3)スバル・エルキャパ

 1995年のスバルブースには、市販直前だったフォレスター(コンセプトカーは「ストリーガ」という名称)や、エクシーガの前身モデル「アルファエクシーガ」が出展。実質、乗用車はレガシィとインプレッサの2種類しかなかった当時のスバルのラインアップが、ようやく拡大することに安心感を覚えたのだった。

 ほかにもインプレッサのコンバーチブルや徳大寺有恒氏がプロデュースしたウッドパネル仕様のレガシィ・グランドワゴンなど、オシャレ路線を強めたモデルも出展。

 さらに注目すべきは、ハイブリッドシステムを搭載する「エルキャパ」の存在。内外装はしっかりと作り込まれており、主力軽自動車ヴィヴィオ(あるいはコンパクトカーのジャスティ)の後継に相応しい力作だと感動。プリウスは批判しながらエルキャパは絶賛し、当時の日記に「トヨタよりも先にハイブリッドを出せば痛快この上なし」と記すなど、甚だしく見当違いをしていた。また、初めて見る「ミス・アルシオーネ」嬢の品格の高さも印象的だった。

4)三菱:ガウス

 1995年の三菱ブースは、スバリスト的に要チェックのランエボIIIのWRCグループAマシンや、パリダカ仕様のパジェロなど、モータースポーツ色が強かった。2ドアスポーツカーのFTOやGTO、高級セダンのデボネアやディアマンテなど、スバルにはないラインアップの多彩さを見せつけるかのように、とにかく派手で豪華な演出だったことが印象深い。

 さらにはコンパニオンの数と多彩さも他を圧倒する勢いで、キャンペーンガールやコンパニオンという存在を生まれて初めて見る、地方から来たワカモノには刺激的すぎる竜宮城のように見えた。

 「ガウス」というコンセプトカー自体には何の印象も残っていないが、写真は大量に撮ってしまったなど、当時の三菱の物量の豊かさに愕然とさせられたのであった。

5)マツダRX-01

 全体的に派手で勢いのあるブースが目立つ中、マツダだけはフォード支配下による経営再建中の苦しさをスバリストにさえ実感させてしまう様相を呈していた。

 当時はまだ現役バリバリのトップスポーツモデルだったRX-7の後継を示唆する「RX-01」は、日本車史上最高デザインと評されたRX-7(FD型)と比べると地味で、ロータリーエンジン(13B)はターボではなく自然吸気になっていたなど、当時の若者にワクワク感を抱かせるものではなかった。

 しかし、これが数年後にRX-8として市販され、ロータリーエンジンが次世代モデルに継承されたことを思うと、耐え難きを耐えた当時のマツダの執念と信念の強さに敬服するばかりである。

マリオ高野

2/2ページ

最終更新:4/18(木) 13:32
WEB CARTOP

記事提供社からのご案内(外部サイト)

クルマの「知りたい」を完全網羅
新車試乗・最新技術・お役立ち情報 etc……
すべてがわかる自動車メディアの決定版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事