ここから本文です

人気おにぎり専門店の女将に聞くおにぎりの由来と最高に美味しい具

4/18(木) 17:34配信

@DIME

おにぎりの具は、今は多種多様なものが出ている。どれにしようか迷うことはないだろうか? そこで今回は、東京大塚で人気のおにぎり専門店「ぼんご」の女将に、おにぎりに合う具や、おすすめの具をアドバイスしてもらった。

おにぎりの基本に立ち戻ると具はなし!?
おにぎりぼんご店内

今の時代、おにぎりの具は多種多様。ぼんごでもメニューには50種以上のおにぎりの具が並ぶ。うめやたらこ、ツナなどの定番から、鳥唐揚げ、豚キムチ、明太クリームチーズといったボリュームのある具、そして塩辛やわさび漬、きゃらぶきやふき味噌などの渋い具まであり、どれも美味しそう。

ちなみにぼんごは創業55年以上の老舗で、JR大塚駅北口から徒歩3分ほどの位置にあるお店。すべてカウンター席で、目の前で対面式の寿司屋のようになっており、1個250円のおにぎりを基本に、注文してからにぎってもらえる。

「メニュー表」おにぎりぼんご公式ホームページより

しかし従来、あくまで推測にすぎないが、日本でおにぎりが握られはじめた当初は、きっと、もっとシンプルだったはず。おにぎりこ基本に立ち返ると、おにぎりにはどんな具が合うのか、ぼんごの女将、右近由美子さんに聞いてみた。

「もともと三角形のおむすびは、神にお供えするものだったので、中に具は入れませんでした。また昔は、携帯するために握っていたのだと思います。基本に立ち戻るなら、携帯しながら『痛まない』ことが重要になると思います。そのためには、油気、水気は禁物ですから『塩物』や『佃煮』など、具体的に言えば梅、昆布などが合っているというわけです」

具より大事なのは「海苔」だった

近年、コンビニのおにぎりなどは特に具に凝ったものが多く出ている。しかし右近さんに聞いてみると、どうやらご飯と相性が良いのは具よりもアレらしい。

「ご飯との相性が良いのは、なんと言っても『海苔』。お茶碗に盛ったご飯、三角のおにぎりどれも合います。海苔があれば、具は何でも良いんです。育ち盛りなら、具は肉や魚、ソースを工夫すれば美味しいです。春なら木の芽類、秋ならキノコ類など、旬のものを取り入れてみてください。おにぎりの具は無限に広がります」

ぼんごの女将が最高に美味しかったおにぎりは?
左から「古漬け」「マグロ角煮」「高菜」(おにぎりぼんごのメニュー)

右近さんが過去に食べたおにぎりのうち、最高に美味しいと思ったおにぎりの具を教えてもらった。

「私の究極のおにぎりは心の中にあります。亡き母の作ってくれた、『丸くて大きな赤い梅干し』のおにぎりです。

ぼんごのメニューなら『高菜』『マグロ角煮』『古漬け』。コンビニなら『お赤飯』『混ぜご飯にぎり』が大好きです。これはお世辞ではなく本当の話です。

また、『新米の炊きたてご飯に塩だけ』のおにぎりは最高。ぜひ試してみてくださいね」

おにぎりの具に迷ったらぜひこれらのことを参考にして、本来のおにぎりのおいしさを改めて味わってみるのもいいかもしれない。

【取材協力】
おにぎり専門店 ぼんご
女将 右近由美子さん
https://www.onigiribongo.info/

取材・文/石原亜香利

@DIME

最終更新:4/18(木) 17:34
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2019年7月号
5月16日発売

定価980円

本当に売れているモノ ランキング
35歳からの勝負時計BEST 50
今こそサウナに行くべき理由

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事