ここから本文です

AMGの魅力は色褪せない! メルセデスAMG C43試乗記

4/18(木) 20:41配信

GQ JAPAN

価値ある940万円

しかし速度が上がっていくと、クルマは水を得た魚のように、活き活きする。高速域に入ると姿勢は安定し、ドライバーとの一体感がうんと強くなる。脚とエンジンがダイレクトにつながっているみたいに、微妙な加減速が思いのままに出来るのがすばらしい。タイトコーナーでもノーズは軽く内側に入っていく。鼻先の軽いV6エンジンの恩恵だ。

ブレーキ・フィールはソリッドで、こちらも微妙な感覚で効きを調整出来る。そういうわけでとにかく運転が楽しい!

C43 4MATICにはこんかい乗ったセダンにくわえて、ステーションワゴン、クーペ、カブリオレと全部で4つのボディタイプがある。それぞれにセダンとはちがう明確な特徴があり、ステーションワゴンは積載性、クーペはパーソナル性、カブリオレは抜群の開放感が持ち味だ。そしてセダンは、940万円と決して安くはないが、毎日が楽しくなるスポーツセダンだ。

文・小川フミオ 写真・花村英典

2/2ページ

最終更新:4/18(木) 20:41
GQ JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

GQ JAPAN

コンデナスト・ジャパン

2019年7月&8月合併号
2019年5月25日発売

800円(税込)

バスケ界期待の新星・八村塁/特集「TOKYO 2020 WINNERS」2020年に躍動する勝者を見逃すな!/ 別冊付録「スポーティな時計たち」

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事