ここから本文です

香取慎吾「アイシテマース」が“世界的反響”となった理由

4/18(木) 22:26配信

女性自身

元SMAPの稲垣吾郎(45)、草なぎ剛(44)、香取慎吾(42)が4月17日、福岡国際センターでファンミーティング『NAKAMA to MEETING_vol.1』のファイナル公演を迎えた。

東京、愛知、大阪、宮城、福岡の5都市全22公演12万人以上を動員した『新しい地図』初となるファンミーティング。

ラストを迎えるこの日の公演はYouTubeで生配信され、最後に3人がステージから去る場面で香取は「また遊ぼうね~! アイシテマース!」と手を振って退場した。

その後、香取はTwitterでも、「#NAKAMAtoMEETING 楽しかったよ! また遊ぼうね! アイシテマース!!」と投稿。

「また遊ぼうね」「アイシテマース」という言葉は、SMAPのコンサートではお馴染みとなっており、ファンは思わず反応した。

「慎吾の『またあそぼーねー』と『アイシテマース』を聞いたのは2015.1.12以来かな。もう聞けないのかもしれないと思ったことも正直あったから、凄く凄く嬉しかったよ」「えーーーんアイシテマース!! 泣かせないでよーーーーっ」「アイシテマース! 最後に言ってくれてアリガトウ」とSMAP時代からのファンは喜びと感動に沸き、「アイシテマース」というワードがTwitterの「世界のトレンド」入りを果たすほどの反響を呼んだ。

最終更新:4/18(木) 22:48
女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2868号・5月21日発売
毎週火曜日発売

定価420円(税込)

小泉今日子 豊原功補と同棲解消!
中村玉緒 働かない長男に絶縁通告!
杏 仲間由紀恵と双子ママ意気投合

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事