ここから本文です

BTSはアメリカのポップカルチャーの一部に ボーイバンド=男子アイドルグループの歴史から考察

4/18(木) 15:01配信

リアルサウンド

 4月13日(現地時間)、アメリカの長寿コメディバラエティ番組『サタデー・ナイト・ライブ』に音楽ゲストとしてBTS(防弾少年団)が出演し、4月12日にリリースしたニューアルバムのタイトル曲「Boy With Luv」を初披露した。韓国の音楽番組よりも先にアメリカのTV番組で楽曲を披露するのはこれで2回目だ。同番組の音楽ゲストとして、「MIC Drop」と合わせて2曲を披露した。

 3月にはメジャーエンタメ誌『Entertainment Weekly』の表紙を飾るなど、アメリカにおいてBTSはすでに“人気のボーイバンド”として定着した感がある。今年開催予定のワールドスタジアムツアー『LOVE YOURSELF:SPEAK YOURSELF』ツアーでも10公演中3公演がアメリカ公演で、9万人収容可能なローズボウルスタジアムを含むチケットは全てソールドアウトしたとのことだ(10公演中4公演は日本公演で、ロンドン・パリ・ブラジルでも公演を行う)。また、Funkoやマテルといったアメリカの会社から本人達を模したセレブドールの発売も決定している。Funkoは2次元キャラクターなどポップカルチャージャンルのコレクターズ向けメーカーだが、バービーで有名なマテルは一般層向けの玩具メーカーだ。コレクターズ向けのバージョンではなく廉価版として発売されるとのことで、これも一般的に広く認知されている証拠だろう。また、2019年度の『BBMA(ビルボードミュージックアワード)』では「TOP GROUP/DUO」部門にノミネートされ、フィーチャリングに参加しているホールジーと共に「Boy With Luv」をパフォーマンスすることがアナウンスされている。

 このように、すでにアメリカのポップカルチャーの一部となっているBTSだが、特にそれを象徴したのが3月にリリースされたNew Kids On The Block(NKOTB)の新曲の歌詞に登場したことではないだろうか。NKOTBは1984年にデビューし全米で大ヒットを飛ばしたレジェンド級の“ボーイバンド”。30周年記念としてリリースしたのが「Boys In The Band(Boy Band Anthem)」だ。MVは年老いたNKOTBのメンバーが学校に招かれ、アメリカの“人気ボーイバンド”の歴史やMVあるあるを紹介してゆくというユニークな内容で、歌詞には歴代のアメリカでの人気グループや楽曲名が織り込まれており、ジャスティン・ティンバーレイクが所属していた*NSYNCや、Backstreet Boysと並んでBTSの名前が登場する。

1/2ページ

最終更新:4/19(金) 10:12
リアルサウンド

記事提供社からのご案内(外部サイト)

リアルサウンド

株式会社blueprint

音楽と映画を対象とする総合カルチャーサイトです。各ジャンルのニュースから、第一線のライターによる作品レビュー、業界分析記事まで、多彩な記事をお届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事