ここから本文です

僕の初体験の相手は、猫と暮らすぽっちゃりのおじさんだった

4/18(木) 17:00配信

文春オンライン

連載「僕が夫に出会うまで」

 

2016年10月10日に、僕、七崎良輔は夫と結婚式を挙げた。幼少期のイジメ、中学時代の初恋、高校時代の失恋と上京……僕が夫に出会うまで、何を考え、何を感じて生きてきたのかを綴るエッセイ。毎週連載。

【画像】この記事の写真を見る

 

(前回までのあらすじ)中学時代に仲良くなった転校生の司、高校時代の親友で、一重まぶたのイケメンのハセ……何度も男の人を好きになっていた僕は「自分はゲイなのかも」と悩んでいたが、誰にも打ち明けないまま、専門学校進学のために北海道から東京へ上京する。

 

(前回の記事「 ゲイの僕が高校を卒業し、東京へと降り立った日 」を読む)

この連載を 最初から読む

 東京での新生活が始まった。寮には、学校も学年もバラバラな50名程の男子生徒が生活をしている。食事の時間も、お風呂の時間も決められているが、50名の寮生に対し、お風呂場なんかは6人入ればギュウギュウで、僕は朝こっそりと浴室に侵入し、シャワーを浴びることにしていた。

 幼い頃から、型にハメられることがとても苦手で、「1列に並べ!」と言われても、どう頑張っても絶対にはみ出してしまうような僕が、カッチリとルールが決められている寮生活に慣れるのはほとんど不可能だった。

 それに加え、しばらくして気づいたのだが、どうやらみんな、お風呂で友達を作るらしく、寮の仲良しグループは、僕の知らぬ所で、すでに出来てしまった。

 なかでも一番ガラの悪そうなグループの近くを僕が通ると、その内の1人が僕を睨みつけていた。その時の僕は日サロに通い、髪の色も明るかったので「調子にのっている奴」と目を付けられたに違いないと思った。

 東京には派手な人が多いと信じ込んでいたのだけど、どうやらそうではなかったみたいだ。

はじめての東京生活でやってみたこと

 男子寮生活にも、学校生活にもなかなか慣れない頃、僕は部屋で1人、携帯の液晶を見つめていた。実家にいた頃には、親の目もあり、自分でもなんだか恐ろしくて見ることのできなかった男同士の出会いの掲示板だった。たくさんの人が書き込みをしている。

「男を好きな男の人」ってこんなにいるんだ! 日本に数人位だろうと思っていたけれど、もしかすると日本に100人位はいるのかもしれないと思えてきて興奮した。この東京にも必ずいる! と考えた僕は掲示板に書き込みをした。

「僕は東京に住んでいます。近くに、会える人いますか?」

返信はすぐにきた。

「プロフ教えてください」

 プロフって、プロフィールの略だろうか。

「名前は良輔、1987年生まれ18歳、北海道出身、O型、蠍座、178センチ、57キロです」

「168.80.48.P16」

「え、どういう意味ですか?」

「身長、体重、年齢、ペニスの大きさだよ。俺、おじさんだけど、会ってもらえるかな? 家は秋葉原駅から近くなんだけど」

1/4ページ

最終更新:5/17(金) 17:54
文春オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事