ここから本文です

上司にしたくない芸能人、「うるさそう」な坂上忍と「頼りなさそう」な出川哲朗が上位に

4/18(木) 7:00配信

週刊女性PRIME

 就職したり異動をしたり、4月は仕事の節目ですよね。慌ただしさも一段落して余裕が出ると、フラットにものごとを見ることができるはず。早々に気になるのが、職場の人間関係では? なかには「この上司がどうも苦手……」と感じる人もいることでしょう。

【写真全10枚】本誌の直撃取材に答える坂上忍、明石家さんま、ナダル

もし、アクの強い大物芸能人が、自分の直属の上司だとしたら?

 そして、「こんな人が上司だったら嫌だな~」なんて思うこともありませんか? そこで今回は「理想の上司」ではなく、「最悪の上司」ランキング。20~30代の女性200人に聞いてみました(協力:アイリサーチ)。

■この人は嫌! 最悪の上司ランキング
(フリーコメントで回答)

1位 坂上忍 25票
2位 明石家さんま 13票
3位 出川哲朗 12票
4位 クロちゃん(安田大サーカス) 9票
5位 松本人志(ダウンタウン) 6票
6位 香川照之 5票
7位 蛭子能収 4票
7位 和田アキ子 4票
9位 加藤浩次 3票
9位 ナダル(コロコロチキチキペッパーズ) 3票
9位 宮根誠司 3票

 ダントツでトップだったのは坂上忍! 『バイキング』などでの歯に衣着せぬ発言に、恐怖感を覚える人が少なくないのでしょう。こんな人が職場にいて、しかも上司だとしたら……ビクビクしちゃいそうで、この結果はなんとなく腑に落ちます。

 そして2位には明石家さんまが。“怖い”イメージは正直ありませんが、止まらないトークに仕事どころではなくなりそうですし、その意味では、納得できる結果です。

 さらに3位には出川哲朗。人気の秘密である絶妙な頼りなさが、“上司”に置き換えて考えたら最悪ということでしょう。数多の失敗を、部下として尻ぬぐいする姿が目に浮かぶようです。メディアでの好感度が、必ずしも理想の上司のイメージに結びつくとは限りませんね。

 その意味では、冠番組を持つ面々や主演クラスの俳優が並ぶなかで、失礼ながら“格”で劣るクロちゃんが入っていることにも注目。比較的、目立たないけど嫌われているという点で、ダントツの好感度の低さを物語っています。

 さて、6位に香川照之がランクインしていることも見逃せません。数々の社会派作品で悪役を多く演じていることが影響していることは間違いなさそうです。とはいえ実際の本人は東大出身のエリートで、上司になっても疑いのない有能さだと思うのですが……。

1/2ページ

最終更新:4/18(木) 7:00
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」7/2号

特別定価420円(税込)

「週刊女性PRIME」では「週刊女性」本誌の一部記事のほか「週刊女性PRIME」独自の記事を読むことができます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事