ここから本文です

【大人の香港ホテル選び】贅沢ステイ派vsアクティブステイ派

4/18(木) 17:15配信

webマガジン mi-mollet

 今からでも超大型連休に海外旅行がしたい、という方にお勧めなのが香港。4時間のフライトで到着し、2泊3日でも、アジアの親しみとヨーロッパの優雅さ、両方が混ざり合ってた街を楽しめます。エキゾチックだけれども安心感もある旅ができるのです。

ミモレ世代の方でとても多いのが「母と一緒に香港へ」。ホテルでの滞在自体をメインイベントにする、ゆったりペースの旅にしたいもの。

それとも、朝から晩まで歩き回って、エネルギッシュに過ごして、美味しいもので喰い倒れる、女友だちとのアクティブな旅に出かけますか。

それぞれのスタイルにぴったりな、まったく正反対の2軒のホテルを紹介します。

(1)母子旅行にお勧めは、温かいホスピタリティも魅力の香港を代表する優雅な老舗ホテルThe Peninsula Hong Kong(ザ・ペニンシュラ香港)

英国統治時代の1928年に創業したザ・ペニンシュラ香港は、東西が融合した歴史と文化を、香港と共有してきた特別な存在のホテル。

歴史を感じさせる特別なホテル。

重い扉を開くドアマンの優しい微笑みに招かれて、ロビーに足を踏み入れただけで、豪華客船やシベリア鉄道の乗客で賑わっていた光景が心に浮かんでくるような、華やいだ魔法にかけられてしまいます。

ロビーでのアフタヌーンティーは常に大人気。数ヶ月おきにテーマが変わります。 オリジナルブレンドの紅茶の美味しさにはいつも感動させられます。年季が入って少し曲がった銀食器が素敵。

「東洋の貴婦人」と呼ばれる品格が溢れる一方、スタッフは、物腰柔らかくフレンドリー。物怖じせずに寛ぐことができるのです。

この貴婦人、最新トレンドや技術にも常にアンテナを張っています。客室へのデジタルタブレット導入も、環境問題になったフカヒレやプラスチックストローの使用中止もいち早く実行。専用ヘリコプターとロールスロイス14台に加えて、2018年には専用ヨットも導入。シャンパンとともにゴージャスなハーバークルーズを楽しめます。

 ペニンシュラヨットでのハーバークルーズは最高の気分。

ホテルの歴史を、食を通したエンターテインメントとして味わえるプログラムが「カルナリージャーニー(HK$1928)」。

1/2ページ

最終更新:4/18(木) 17:15
webマガジン mi-mollet

記事提供社からのご案内(外部サイト)

スタイリスト大草直子がコンセプトディレクターを務める、ミドルエイジ女性のためのwebマガジン。ファッション、ビューティ&ヘルス、ライフスタイルの情報を配信中。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事