ここから本文です

ニラと思って「スイセン」を食べ…各地で食中毒が報告、どうやって区別する?

4/18(木) 6:10配信

オトナンサー

「ニラを食べたら食中毒になった」という報告が、3月から4月にかけて各地の保健所に相次いでいます。実は、ニラとよく似ているものの毒性があって食べられない「スイセンの葉」を誤って食べてしまったもので、消費者庁が3月下旬に注意を呼び掛けたにもかかわらず、その直後に三重県と秋田県で食中毒が発生しました。過去には死者も出たというスイセンの葉。それほどニラと似ているのでしょうか。

自宅の畑のスイセンをニラと誤認

 三重県食品安全課によると3月29日、同県いなべ市の男性3人(家族)が、自宅の畑に生えていたスイセンの葉を、栽培していたニラと誤認して食べ、嘔吐(おうと)。3人とも救急搬送されたものの、回復したそうです。食品安全課の担当者に聞きました。

Q.3人が食べたのは。

担当者「ニラと思ったスイセンと肉の炒め物です。若干、まずくて苦いと思ったものの、違うものだとは気づかなかったそうです。味付けしたら、なかなか分からないようです」

Q.ニラを栽培していたとのことですが、スイセンも育てていたのでしょうか。

担当者「家庭菜園のような感じで、ニラもスイセンも植わっていることは分かっていたそうです。『大体、ここはニラ』と思っていたら、スイセンも増えて境界が曖昧になっていたようです」

Q.スイセンの葉の毒性は。

担当者「アルカロイドです。その中の『リコリン』というアルカロイドが主要な毒で、30分以内に嘔吐するというのが一番多い症状です」

 次に、秋田市保健所衛生検査課の担当者に聞きました。秋田市内のスーパーで、3月下旬、「ニラ苗」と表示されていたスイセンを市内の60代女性が購入。4月2日に調理して食べ、嘔吐の症状が現れたそうです。既に回復しています。

Q.当時の状況を教えてください。

担当者「ニラと思ったスイセンの葉を、チャーハンの具の一つとして加熱調理し、食べたそうです。10分ほどで嘔吐などの症状が現れ、自分で保健所に連絡し、病院に行って受診したとのことです」

Q.スーパーで販売していたそうですが、何店でいくつ売ったのでしょうか。

担当者「3店舗の産直コーナーに並び、計9つ販売されました。今回、食べて症状が出た女性のほかの購入者とも連絡が取れ、『食べないように』とお店から伝え、ほかに食べた人はいませんでした。7つはスーパーが回収し、1つは購入者自身が廃棄、あと1つは『スイセンとして育てます』と購入者が話していたそうです」

Q.生産者やスーパーは野菜については“プロ”のはずですが、なぜ間違って出荷・販売してしまったのでしょうか。

担当者「生産者は小規模な農家です。しかも、ニラが専門ではなく、自生していたスイセンをニラと思い込んでしまったそうです。たまたま、花が咲いていない葉っぱの部分をニラと思ったようで、ニラの出荷は初めてだったそうです。『ニラ』として売っていた産直コーナーは、スーパー側が場所を提供して、生産者が野菜などを置く形式で、生産物のチェックは特にしていなかったようです」

1/2ページ

最終更新:4/18(木) 12:39
オトナンサー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

オトナンサー

株式会社メディア・ヴァーグ

「ライフ」「漫画」「エンタメ」の3カテゴリーで、暮らしに話題と気づきをお届け!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事