ここから本文です

【消えた天才】「アザラシ・ドリブル」で話題となりインテル移籍。しかし最後は藤枝MYFCなどを転々と…

4/18(木) 19:09配信

SOCCER DIGEST Web

8回の手術で身体はボロボロに…。

 その後、日本の藤枝MYFC(当時JFL)を経てアメリカ、バルバドス、マルタ、スロバキアのクラブなどでプレーしたが、10代の頃の輝きは取り戻せなかった。実に8回(膝を6 回、足首を2回)の手術を余儀なくされ、身体はボロボロ。走るだけで激痛に襲われ、17年10月に29歳の若さで現役を退いた。

 現在はアメリカのコネチカット州でサッカースクールのコーチをしている。既婚で、幼い娘がひとり。最近のインタビューでは、柔和な笑顔でこう語っている。

「選手として大成できなかった、期待を裏切った、と言われることが多い。でも、悔いはない。思い描いていたようなキャリアを歩めなかったのは確かだけど、僕がフォッキーニャを発明したという事実は永遠に消えないからね」

文:沢田啓明
※ワールドサッカーダイジェスト2019年4月18日号より転載
【ケルロンの略歴】
●生年月日/1988年1月27日(31歳)
●身長・体重/168cm・67kg
●クラブキャリア(成績は国内リーグ)
2005 クルゼイロ(ブラジル)  5試合・0得点
2006 クルゼイロ 12試合・1得点
2007 クルゼイロ 10試合・0得点
2008 クルゼイロ 0試合・0得点
08-09 キエーボ(イタリア)* 4試合・0得点
09-10 アヤックス(オランダ)* 0試合・0得点
10-11 インテル(イタリア) 0試合・0得点
2011 パラナ(ブラジル2部)* 1試合・0得点
ナシオナル(ブラジル4部)* 1試合・0得点
2012 藤枝MYFC(日本3部) 8試合・3得点
2013 藤枝MYFC(日本3部) 14試合・6得点
2014 ウェイマス・ウェールズ(バルバドス)  0試合・0得点
2015 マイアミ・デイド(アメリカ5部) 5試合・3得点
15-16 スリマ・ワンダーラズ(マルタ) 9試合・2得点
2016 ヴィラ・ノバ(ブラジル2部) 3試合・0得点
2017 スパルタク・トルナバ(スロバキア) 4試合・0得点
●ユース代表歴/ブラジルU-17、U-20
*=レンタル

2/2ページ

最終更新:4/18(木) 22:46
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事