ここから本文です

<次回なつぞら>なつ(広瀬すず)、「演劇をやれ」と言われ断るも…

4/18(木) 19:57配信

ザテレビジョン

広瀬すずがヒロインを務める連続テレビ小説「なつぞら」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)の第17回が4月19日(金)に放送となる。

【写真を見る】「演劇をやれ」と言われ困惑するなつ(広瀬すず)…!(他、先行カット&これまでの名場面)

記念すべき連続テレビ小説100作目となる同作は、戦後の北海道の大自然、日本のアニメーション草創期を舞台に、何事にも真っすぐに生きたヒロイン・奥原なつ(広瀬)の姿を描く。

戦争で両親を亡くしたものの、北海道に暮らす父の友人家族の下でたくましく育ったなつが、高校卒業後、上京してアニメーション業界に飛び込み、アニメーターとして奮闘していくという物語。

なつに絵心を教えた青年・山田天陽を吉沢亮、何でも話せる愉快な幼なじみ・小畑雪次郎を山田裕貴が演じる。

注目の第17回では――

演劇部の顧問・倉田(柄本佑)から「演劇をやれ」と言われたなつ(広瀬すず)。

すぐに断るなつだったが、演劇をやることが泰樹(草刈正雄)のためになるという倉田の言葉に、心が揺らぎ始める。

その翌日、なつと倉田は、農協にいる剛男(藤木直人)を訪ね、酪農の現状について質問する。

剛男は、酪農家が抱える問題をなつに説明するとともに、農協が目指す目標をなつに伝えた。そしてなつは、ひとつの答えを導き出す…。

――という物語が描かれる。

連続テレビ小説「なつぞら」第17回は4月19日(金)、NHK総合ほかで放送。

(ザテレビジョン)

最終更新:5/7(火) 14:40
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン35号
8月21日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事