ここから本文です

視聴率20%たたき出す「鹿児島最強番組」の中身

4/18(木) 16:00配信

東洋経済オンライン

 「迷いインコを探しています」――。鹿児島のMBC(南日本放送)ラジオの番組ではしばしば、行方不明になったペットの情報が流れる。同局の幹部によれば、「番組で取り上げられたのをきっかけに迷いイヌ、ネコ、インコなどが見つかり、飼い主の元へ戻る確率は約80%」。ちなみに、「迷い人」の情報を取り上げると100%、無事に発見される。

この記事の写真を見る

 同県の老舗であるMBCはテレビとラジオの兼営局だが、ラジオの放送開始は1953年とテレビよりも6年早い。「ラジオは地域に根を張るメディアの先兵」と、中村耕治会長は強調する。

■「ラジオに学んできた」MBCの歴史

 ラジオはリスナーとの距離の近さなどからしばしば、「フェース・トゥ・フェース」のメディアと称されるが、収益環境は厳しさを増すばかり。MBCもそれと無縁でないのは確かだ。多くの「ラテ兼営局」ではラジオが“お荷物”と化している。電通がまとめた「2018年日本の広告費」によれば、ラジオの同年の広告費は前年比約1%減の1278億円。新聞、雑誌、テレビ、ラジオの「マスコミ四媒体」では最も低い水準で、底ばい状態が続く。

 日本民間放送連盟(民放連)が3月、ラジオのAM放送をやめてFM放送に転換できるよう総務省に制度改正を要望したのも、ラジオを取り巻く経営環境の厳しさが背景にある。AM放送だと老朽化に伴う設備更新に多額の費用がかかり、今の経営体力では吸収できないとみているからだ。

 だが、「テレビがラジオに学んできた」のがMBCの歴史。「地域メディアとして生き続けるために、テレビがラジオに見習うべきものは少なくない」(中村会長)。テレビとラジオの番組編成部門を一体化させているのは、「ラジオ重視」の姿勢の表れだ。

 毎週月曜日の午前中に開かれる定例の部長会では必ず、ラジオとテレビ両方の1週間のプログラムをチェックする。「“テレビはラジオに学べ”という姿勢は、市場経済価値だけで論じようとすればローカル局としてありえない選択」と中村会長は言う。

 「ラジオに学んだ」一例が、毎週水曜日夜7時からテレビで放映している「てゲてゲ」という番組である。「てげてげ」は鹿児島弁で「ほどほど」「いい加減」といった意味の言葉。同番組はグルメ、イベント、スポーツなど地元のさまざまな話題を深く掘り下げた生放送の情報バラエティだ。

1/3ページ

最終更新:4/19(金) 12:03
東洋経済オンライン

東洋経済オンラインの前後の記事

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい