ここから本文です

「SK-II」が伊勢丹新宿本店にテクノロジーを駆使した期間限定店

4/18(木) 8:00配信

WWD JAPAN.com

「SK-II」は4月24日から30日まで、伊勢丹新宿本店本館1階のザ・ステージで期間限定イベント「SK-II フューチャー エックス(SK-II Future X)」を開催する。

【画像】「SK-II」が伊勢丹新宿本店にテクノロジーを駆使した期間限定店

デジタルを活用して、来店者がストレスなく肌分析やタッチアップを行うことができる“フィジタル(フィジカル+デジタル)な新リテール体験”を推し進めているSK-IIは、2018年5月から東京や上海に次世代型ポップアップストアを展開。19年1月には米ラスベガスで開催された世界最大級の家電・IT見本市であるCES 2019に出展していたが、今回はさらにテクノロジーを駆使している。

会場には、鏡の前に立つだけで肌の状態や肌年齢を測定し、測定結果に応じたおすすめ製品の紹介を行う肌測定マシン「マジック スキャン」を設置。AI技術を取り入れることで肌分析を細かく行うことができるようになり、肌の安定度を目、頬、口のパーツにわけて視覚的に表示する。

製品タッチアップコーナーでは、アイトラッキング技術を搭載したマジックミラーを備え、来店客の視線の動きを感知して製品情報や使い方指南を行うようにした。180度動画が撮影できるセルフィーブースや、ピテラの秘密を知ることができるARウォールも用意。

そのほか、5月10日から発売される「フェイシャル トリートメント エッセンス」限定ボトルや、15日から三越伊勢丹グループ限定で発売される「フェイシャル トリートメント エッセンス スプリング・ミントブルー リミテッド エディション」の先行販売も行う。

最終更新:4/18(木) 8:00
WWD JAPAN.com

記事提供社からのご案内(外部サイト)

WWD ジャパン

INFASパブリケーションズ

2084号
2019年5月20日発売

定価500円(税込み)

ミレニアル世代はみんなフェミニスト 声を上げ始めた20代に響くビジネスとは?

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事